この連載では、モーターマガジン社出版「月刊オートバイ【別冊付録】不朽の日本車102年史」より、日本を作り上げた歴史のオートバイを振り返っていきます。
日本の歴史1909年産声をあげた日本最初のオートバイ、島津NS号から2011年モデルまでじゃんじゃん紹介していくので、「そういえばこんなバイクあったなぁ」と懐かしい気持ちになってもらえたり、「昔はこんなオートバイがあったんだ!」とあらたな発見をしてもらって、楽しみいただければと思います。(akiko koda@ロレンス編集部)

トップで70km/h以下では走れません!」という強烈インパクトなキャッチフレーズで登場したのがこの「HONDA ドリーム CB72」。
スーパースポーツバイクなんてまだなかったこの時代に現れた衝撃バイクですね!そのフレーズどおり、当時250ccクラスで最速でした!
「HONDA ドリーム CB72」とともに、日本のオートバイ・スーパースポーツ時代はこの頃からスタートしたそうですよ!

HONDA ドリーム CB72(1959)

画像: ●空冷4ストOHC2バルブ並列2気筒 ●247cc ●24PS/9000rpm ●2.06kg-m/7500rpm ●153kg ●2.75-18・3.00-18 ●18万7000円 ©オートバイ別冊付録 不朽の日本車102年史

●空冷4ストOHC2バルブ並列2気筒
●247cc
●24PS/9000rpm
●2.06kg-m/7500rpm
●153kg
●2.75-18・3.00-18
●18万7000円
©オートバイ別冊付録 不朽の日本車102年史

ヤマハのYDS-1と共に、国産ロードスポーツモデルの原点として記憶されるべき名車。当時の市販レーサー・CR71と同等の24馬力を発揮。(©オートバイ別冊付録 不朽の日本車102年史)

This article is a sponsored article by
''.