この連載では、モーターマガジン社出版「月刊オートバイ【別冊付録】不朽の日本車102年史」より、日本を作り上げた歴史のオートバイを振り返っていきます。
日本の歴史1909年産声をあげた日本最初のオートバイ、島津NS号から2011年モデルまでじゃんじゃん紹介していくので、「そういえばこんなバイクあったなぁ」と懐かしい気持ちになってもらえたり、「昔はこんなオートバイがあったんだ!」とあらたな発見を見つけてもらって、楽しみいただければと思います。(akiko koda@ロレンス編集部)

女性がバイクに乗ることが受け入れられるようになったのは、この時代からなのではないでしょうか?

「HONDA スーパーカブC100」は、お手ごろ価格で手に入り、乗りやすく、とにかく使いやすい!すべてにおいて遊び心のある、新しい時代の乗り物として登場しました。
仕事や遊びの足として活用されることから、日本だけにとどまらず、世界中の人々に受け入れられる愛されバイクとなりました。

HONDA スーパーカブC100(1958)

画像: ●空冷4ストOHV2バルブ単気筒 ●49cc ●4.5PS/9500rpm ●0.33kg-m/8000rpm ●55kg ●2.25-17・2.25-17 ●5万5000円 ©オートバイ別冊付録 不朽の日本車102年史

●空冷4ストOHV2バルブ単気筒
●49cc
●4.5PS/9500rpm
●0.33kg-m/8000rpm
●55kg
●2.25-17・2.25-17
●5万5000円
©オートバイ別冊付録 不朽の日本車102年史

販売開始以来、2000年末で生産累計5000万台を達成したスーパーカブの初代モデル。OHVエンジンに自動遠心クラッチ、レッグシールドなど装備。(©オートバイ別冊付録 不朽の日本車102年史)

This article is a sponsored article by
''.