真新しいグランプリマシンがグリッド上に並んだ。2002年、MotoGP開幕――。4ストローク990ccのエンジンを搭載し、文字通りモンスターと化したマシンたち。そんなGPマシンの遍歴を辿っていこうという企画。

2002 HONDA RC211V 前代未聞のV型5気筒
(Racing オートバイ MotoGP GRAPHICS 2016@モーターマガジン社)

画像1: (Racing オートバイ MotoGP GRAPHICS 2016@モーターマガジン社) www.motormagazine.co.jp

(Racing オートバイ MotoGP GRAPHICS 2016@モーターマガジン社)

www.motormagazine.co.jp

かつては2ストローク500ccに4ストローク500ccで挑んだ「エンジン屋」ホンダが選んだ、新しいモトGP時代への4ストロークエンジンは、な んとV型5気筒という、誰も予想しないものだった。
2ストローク時代にV型3気筒を手掛けているとはいえ、990ccの排気量で、前3気筒後ろ2気筒という奇想天外なアイディアは、当初は失敗を前提にしたチャレンジ作だと見られていたものの、シーズンが開幕すると評価 は一変。やはりエンジン屋の作った新世代エンジンは、素晴らしいパフォーマンスを持っていたのだ。

画像: 前3気筒、後2気筒のV型5気筒エ ンジン。Vバンクは75.5度で、これが エンジン振動を消す角度だった。 www.motormagazine.co.jp

前3気筒、後2気筒のV型5気筒エ ンジン。Vバンクは75.5度で、これが エンジン振動を消す角度だった。

www.motormagazine.co.jp

この、誰もが予想しなかったⅤ型5気筒エンジンを積んだRC211Vは、バレンティーノ・ロッシの手によって、16戦11勝という 記録的強さでMotoGP初代チャンピオンを獲得した。

2003 HONDA RC211V 16戦15勝という無類の強さを誇った
(Racing オートバイ MotoGP GRAPHICS 2016@モーターマガジン社)

画像2: (Racing オートバイ MotoGP GRAPHICS 2016@モーターマガジン社) www.motormagazine.co.jp

(Racing オートバイ MotoGP GRAPHICS 2016@モーターマガジン社)

www.motormagazine.co.jp

03年型はラムエア効率のアップとさらなるパワーアップに対応した新型カウルをはじめ、ハンドリング性向上のためオイルダンパー式のロータリーステアリングダンパーやエンブレを適正制御するソレノイドバルブ式吸気コントロールを採用。出力が向上されたほか、第7戦のオラ ンダGPからは排気システムを3本出しにした後期型が投入された。

4ストローク990㏄が主流になってからのMotoGP初年度は16戦11勝。そして2年目である03年は、16戦15勝という無敵の速さを誇ったRC211V。前年度に引き続き、ロッシがライディングするこのマシンでの2年連続優勝という快進撃はいったいどこまで続くのか!誰もが期待に胸を膨らませたのではないでしょうか?そんな快調なスタートを切ったHONDA のGPマシン遍歴はまだまだ続きます。

This article is a sponsored article by
''.