*社名・車名ともに掲載誌の表記に合わせ、原文のままとしております。

第193号は、アストン マーチンのルマン スペシャル「 アストン マーチン AMV8ターボ 」!製作はアストン マーチンのディーラーであるロビン・ハミルトンです。(akiko koda@ロレンス編集部)

アストン マーチン AMV8ターボ(1980年)

画像: アストン マーチン AMV8ターボ(1980年)

イギリス人ロビン・ハミルトンが、世界メーカー選手権に出場するために、アストン・マーチン・ヴァンテッジを改造、ターボチャージャーを取り付けた車がこのAMV8ターボだ。総排気量5340ccで、ターボ換算7476cc。出力800PSを超えている。しかし、この車の最大の欠点は、デ・トマソ・パンテーラをはるかにしのぐ車重(1500kg)で、ストレートでのスピードがコーナーで完全に食われてしまうこと。出力だけではレースは出来ない。

This article is a sponsored article by
''.