ボクが隼様に惚れた理由のひとつが「素直なハンドリング」です。しかし、とある寒い朝、なんだか隼様の動きが鈍く感じました……タイヤ空気圧低下が原因です。なので、対策アイテムを投入いたしました!

タイヤの空気圧が目に見える!

画像1: タイヤの空気圧が目に見える!

寒くなってきましたが、冬に走るのも好きなので路面が凍らない限り、ボクは隼様と走ります。

しかし! つい先日、走ったらどうにも隼様の動きが重ったるい……まさか隼様が風邪でも引いたのかと思いましたが、おかしいと思ってガソリンスタンドで空気圧を測ったら、規定値よりも1.0キロパスカルも下がってました。

寒くなると、いつもこんな感じで焦ります……という訳で、今回はタイヤ空気圧モニタリング
システムを装着しました!

画像2: タイヤの空気圧が目に見える!

エアモニバイクっていうやつです。このシリーズ、クルマ用があって、それを使ったことがあるんです。それのバイクバージョンですね。これがなかなかスゴいんですよ。

なんせ装着に配線が必要ない!

レシーバー本体は充電式です。一回の充電でかなり長持ちします。

レシーバーとなる本体は充電式だし、センサー側はボタン電池駆動でバルブキャップにねじ込むだけ。

画像: 脱落防止のロックナットも付属していますから安心ですね!

脱落防止のロックナットも付属していますから安心ですね!

センサーは今までタイヤ内部に装着するものが多くて、電池切れになると次のタイヤ交換まで無用の長物になるケースが多かったんですが、これならサクッと電池交換できます。

画像: 急激にエア圧が下がると警告音と共にランプが点滅。万が一のパンクの際にも安心です。

急激にエア圧が下がると警告音と共にランプが点滅。万が一のパンクの際にも安心です。

しかも、計測もけっこう正確で誤差が出ても0.1キロパスカル程度。タイヤ内部の温度も教えてくれるし、装着カンタンで正確なんて言うことナシです。

画像: ステーが2種類、用意されています。今回は両面テープ貼り付けで装着しました。

ステーが2種類、用意されています。今回は両面テープ貼り付けで装着しました。

エアモニバイクは別に隼専用パーツってわけじゃありませんけど、オートバイっていうのは、何はともあれ「タイヤの空気圧が命」ですからね。

これさえあれば隼様の冬季のハンドリングも安泰ってものです。

冬でもガンガン走る隼使いのご同輩がた、こいつはかなりおすすめですゼ!

This article is a sponsored article by
''.