各メーカーから続々発表されている2017年発売予定のNEWモデル。その中でもover750㏄クラスをおさらいしていきたいと思います。今回は、HONDA CBR1000RR/SP/SP2

HONDA CBR1000RR/SP/SP2

画像: (オートバイ©モーターマガジン社) www.motormagazine.co.jp

(オートバイ©モーターマガジン社)

www.motormagazine.co.jp

●水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒●999㏄●191.76PS/13000rpm
●11.83㎏-m/11000rpm●196[195]㎏●16.0ℓ●832【834】㎜●120/70ZR17・190/50ZR17※[]=SP

CBR1000RRも2017年モデルで久々のフルモデルチェンジ。従来モデルのフレームとエンジンの基本構造こそ受け継ぐが、徹底した改良に加えIMUによる高度な電子制御など最新技術も取り入れて、最高出力190PSで車重は196kg(SP)という高性能を実現。スタンダードモデルに加え、オーリンズ製サスなどを装備したSP、レース用ベースモデルのSP2の3タイプが揃う。

ライト形状が変わり、フルLEDライトになった事でより高級感がUPした印象のCBR1000RR。
全体の軽量化と、外観のリニューアルにより、今までのモデルに比べてかなりのイメージチェンジを達成しています。

初代からのコンセプトである、HRCのワークスマシンRC211Vのレプリカスーパースポーツモデルをより再現した大満足な1台ではないでしょうか。

This article is a sponsored article by
''.