TT-F1が750ccになった時代、公道用市販車としての750ccクラスの人気が低下しても、レース用として750cc車の存在を消すことはできなかった。そしてナナハン・レプリカに着火したのは、スズキでした。そんなスズキが着火し、各メーカーがこぞって開発競争に燃えたナナハン・レプリカの魅力!第6回目はYAMAHA FZR750R(3FV1)をご紹介。

YAMAHA FZR750R(3FV1)

画像: 1989年4月1日発売(日本国内:500台海外:500台)価格:200万円(Bikers Station©モーターマガジン社) www.motormagazine.co.jp

1989年4月1日発売(日本国内:500台海外:500台)価格:200万円(Bikers Station©モーターマガジン社)

www.motormagazine.co.jp

アルミツインスパーフレームに並列4気筒を搭載、フルカウルを持つFZR750を1987年に発売したヤマハは2年後の1989年、ワークスレーサーYZF750を手本としたシャシーに、チタンコンロッドやEXUPなどを盛り込みショートストローク化したエンジンを積むFZR750Rをリリース。200万円の高額で抽選販売された。

スーパーバイク世界選手権参戦用のホモロゲーション車種として限定生産されたこのモデル。

1987年・88年と鈴鹿8時間耐久レースを連覇したファクトリーマシンYZF750の技術をフィードバックしたハイパフォーマンスな1台で、200万円と高額だったにも関わらず、抽選希望者が殺到し、抽選に外れた人にはヤマハからこの車両のスケルトンモデルのテレホンカードが配布されるという圧倒的な人気モデルでした。

This article is a sponsored article by
''.