この連載では、モーターマガジン社出版「月刊オートバイ【別冊付録】不朽の日本車102年史」より、日本を作り上げた歴史のオートバイを振り返っていきます。
日本の歴史1909年産声をあげた日本最初のオートバイ、島津NS号から2011年モデルまでじゃんじゃん紹介していくので、「そういえばこんなバイクあったなぁ」と懐かしい気持ちになってもらえたり、「昔はこんなオートバイがあったんだ!」とあらたな発見をしてもらって、お楽しみいただければと思います。(akiko koda@ロレンス編集部)

65年からモトクロス世界GPに参戦を続けてきたSUZUKIが、初めてだしたオフロード専用の2ストロークバイクシリーズが「ハスラーTS250」でした。
ハスラーはあの仮面ライダーも乗っていたことがあるようですよ!オフロードバイクならではのパワフルで軽やかな走りが魅力的なバイクです。

SUZUKI ハスラー TS250(1968年)

画像: ●空冷2スト・パワーリードバルブ単気筒 ●246cc ●18.5PS/6000rpm ●2.36kg-m/5000rpm ●127kg ●3.00-21・4.00- 18 ●19万3000円 ©オートバイ別冊付録 不朽の日本車102年史

●空冷2スト・パワーリードバルブ単気筒
●246cc
●18.5PS/6000rpm
●2.36kg-m/5000rpm
●127kg
●3.00-21・4.00- 18
●19万3000円
©オートバイ別冊付録 不朽の日本車102年史

当時の世界モトクロス選手権で活躍していたワークスレーサー・RH250。その開発で得られたノウハウを投入して誕生した本格的オフロードモデル。油圧式ステアリングダンパーを標準装備するなど贅沢な造りも特徴で、モトクロスレース用のキットパーツもリリースされていた。(©オートバイ別冊付録 不朽の日本車102年史)

This article is a sponsored article by
''.