この連載では、モーターマガジン社出版「月刊オートバイ【別冊付録】不朽の日本車102年史」より、日本を作り上げた歴史のオートバイを振り返っていきます。
日本の歴史1909年産声をあげた日本最初のオートバイ、島津NS号から2011年モデルまでじゃんじゃん紹介していくので、「そういえばこんなバイクあったなぁ」と懐かしい気持ちになってもらえたり、「昔はこんなオートバイがあったんだ!」とあらたな発見をしてもらって、お楽しみいただければと思います。(akiko koda@ロレンス編集部)

1968年に誕生した新しいジャンル「トレールバイク」が誕生しました。
現在では、“トレール”という名前はマイナーになってしまいましたが、日米で空前のオフロードブームを引き起こす火付け役となったのが、このスリムで美しいモデル「YAMAHA トレール250DT-1」でした!

YAMAHA トレール250DT-1(1968年)

画像: ●空冷2スト・ピストンバルブ単気筒 ●246cc ●18.5PS/6000rpm ●2.32kg-m/5000rpm ●123kg●3.25-19・4.00-18 ●19万3000円

●空冷2スト・ピストンバルブ単気筒
●246cc
●18.5PS/6000rpm
●2.32kg-m/5000rpm
●123kg●3.25-19・4.00-18
●19万3000円

それまでのようなロードスポーツから派生したスクランブラーとは違う、オフロードで速く走るために開発された、 近代オフロード車の原点。チューニングパーツも豊富に用意されていて、30PSまでチューニングが可能だったこともあり、日本におけるモトクロスを本格的に普及させる原動力となった。(©オートバイ別冊付録 不朽の日本車102年史)

This article is a sponsored article by
''.