この連載では、モーターマガジン社出版「月刊オートバイ【別冊付録】不朽の日本車102年史」より、日本を作り上げた歴史のオートバイを振り返っていきます。
日本の歴史1909年産声をあげた日本最初のオートバイ、島津NS号から2011年モデルまでじゃんじゃん紹介していくので、「そういえばこんなバイクあったなぁ」と懐かしい気持ちになってもらえたり、「昔はこんなオートバイがあったんだ!」とあらたな発見をしてもらって、お楽しみいただければと思います。(akiko koda@ロレンス編集部)

これまでのカワサキには、高性能でスポーツ走行が可能な車両がありませんでしたが、ついに1966年、カワサキ初のスーパースポーツモデル「KAWAKSAKI 250A1」が登場!

本格的なダブルクレードルフレームを採用したことで、当時にはなかった250ccで時速160km以上の走行を実現しました!アメリカでは「サムライ」の愛称で親しまれ、国内だけにとどまらず、海外でも人気の車種となりました。

KAWAKSAKI 250A1(1966年)

画像: ●空冷2スト・ロータリーバルブ単気筒 ●247cc ●31PS/8000rpm ●2.92kg-m/7500rpm ●145kg ●3.00-18・3.25- 18 ●18万7000円 ©オートバイ別冊付録 不朽の日本車102年史

●空冷2スト・ロータリーバルブ単気筒
●247cc
●31PS/8000rpm
●2.92kg-m/7500rpm
●145kg
●3.00-18・3.25- 18
●18万7000円
©オートバイ別冊付録 不朽の日本車102年史

メグロ系以外ではカワサキ初となる250ccスポーツ。 31PS、165km/hは 当時クラス最高峰。 サムライの輸出名で海外でも人気となった。(©オートバイ別冊付録 不朽の日本車102年史)

This article is a sponsored article by
''.