*社名・車名ともに掲載誌の表記に合わせ、原文のままとしております。

第409号は、「ダッジ チャージャー 2.2」です。
ダッジチャージャーは、クライスラーのマッスルカーの象徴でした。(akiko koda@ロレンス編集部)

ダッジ チャージャー 2.2

画像: ダッジ チャージャー 2.2

チャージャーはかつて独自のスタイリングとパワー・プラントをもつスポーティ・スペシャルだったが、今日のチャージャーはオムニ/ホライズンのスポーツ版となっている。すなわちプリムスTC3ツーリスモと兄弟車であり、2.2リッター・エンジンを標準としていることも変らない。もちろん最終減速比もツーリスモと同じ3.13で、加速性を向上させ、P195/60R14タイヤでグリップを強化している。

This article is a sponsored article by
''.