*社名・車名ともに掲載誌の表記に合わせ、原文のままとしております。

第399号は、スチュードベーカー最後の新型車「アヴァンティⅡ」です。
アヴァンティは、イタリア語で「前進」という意味で、美しいボディとスタイルと高い動力性能で注目を集めましたが、わずか2年足らずしか販売されなかったという数少ない車です。(akiko koda@ロレンス編集部)

アヴァンティⅡ

画像: アヴァンティⅡ

レイモンド・ロウイがデザインしたスタイリッシュなスペシャリティ・カー、スチュードベーカー・アヴァンティ・モーター・コーポレーションの製造するモデル。スタイルはオリジナルだが、エンジンはサービス性と供給性からシボレーの5リッターV8をのせ、同じくGMのターボハイドラマチック自動変速機を組み合わせる。シャシはウイッシュボーンと1/2リーフ・スプリングをもつX型フレーム。

This article is a sponsored article by
''.