*社名・車名ともに掲載誌の表記に合わせ、原文のままとしております。

第241号は、フェラーリを一気に3つご紹介!(akiko koda@ロレンス編集部)

フェラーリ308 GTB

画像: フェラーリ308 GTB

“512BB”が輸出して外貨をかせぐためのモデルとすれば、この308GTBは本当の意味でのイタリアンGTといえよう。V8型気筒としては比較的小さい排気量の3ℓで、4カムシャフトとフェラーリらしい高度のメカニズムをもりこんでおり、もちろんミッドシップに置かれる。ヨーロッパ仕様は出力255OSだが、日本仕様車は205PSで、エアコンとパワー・ウインドー、カセット・ステレオつきAM/FMラジオを標準装備する。

フェラーリ308GTS

画像: フェラーリ308GTS

現在の市販型フェラーリの中では、唯一のスパイダー・モデルで、“S”はそれをあらわす。ルックス、性能はクローズド・ボディの“B”と同じ。ルーフのない強度的な弱さをカバーするために補強されたボディは、ヨーロッパ仕様で40kg、日本/US仕様で70kgGTBより重くなっている。4輪ベンティレーティッド・ディスク・ブレーキは“B”と共通。Pininfarinaの工場でボディが生産される。

フェラーリ400 i

画像: フェラーリ400 i

大型のフェラーリの中ではややおとなしいモデルで、2+2のシート配置をもつ。とはいってもエンジンはDOHCのV12で排気量は4823cc、出力は310PS(日本仕様。ヨーロッパ仕様は340PS)と並々ならぬ実力を秘めているが、日本へはATだけが昨年から輸入されるようになった。現行フェラーリとしては唯一のフロント・エンジン車だ。スタイリングはピニンファリーナ。

みなさんはどのフェラーリがお好み??

  • 画像1: 【世界の自動車年鑑】
第241回 みなさんはどのフェラーリがお好き?(1980年)
    イタリアンGT!フェラーリ308 GTB
  • 画像2: 【世界の自動車年鑑】
第241回 みなさんはどのフェラーリがお好き?(1980年)
    スパイダーモデル!フェラーリ308GTS
  • 画像3: 【世界の自動車年鑑】
第241回 みなさんはどのフェラーリがお好き?(1980年)
    ブルーのフェラーリ400 i
  • 画像4: 【世界の自動車年鑑】
第241回 みなさんはどのフェラーリがお好き?(1980年)
    イタリアンGT!フェラーリ308 GTB
    66
    88
  • 画像5: 【世界の自動車年鑑】
第241回 みなさんはどのフェラーリがお好き?(1980年)
    スパイダーモデル!フェラーリ308GTS
    18
    24
  • 画像6: 【世界の自動車年鑑】
第241回 みなさんはどのフェラーリがお好き?(1980年)
    ブルーのフェラーリ400 i
    16
    21
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.