*社名・車名ともに掲載誌の表記に合わせ、原文のままとしております。

第212号は、ルノーの100%子会社であるアルピーヌの「 ルノー5 アルピーヌ 」!!
大人しい見た目のデザインですが、1,400cc、最大93馬力のエンジンとなかなか操縦性の高い車です!(akiko koda@ロレンス編集部)

ルノー5 アルピーヌ(1980年)

画像: ルノー5 アルピーヌ(1980年)

フランスの2ボックスカーの代表的車種ルノー5に1400ccクロスフローOHVエンジンを縦置きにしたモデル。なおかつミッションはラジエーター側にマウントされて重量配分も良くなっている。このエンジンをウェーバーキャブの装着などにより135PSにパワーアップしている。ブレーキも4輪ディスクを備える。今シーズンはツールドコルスの総合2位が最上位だが、5ターボが出てくるようになれば、総合優勝も夢ではないようである。

This article is a sponsored article by
''.