佐渡島への旅の相棒として選んだ (GOGGLE@モーターマガジン社)

画像: 直江津港 www.motormagazine.co.jp

直江津港

www.motormagazine.co.jp

CB400スーパーフォア、そし て、そのハーフカウルバージョンと なるCB400スーパーボルドール (以下CB400SB)。結論から言うけれども、このオートバイはちょっと他とは比べることができない。 最近は普通二輪免許枠だと、250クラスばかりがもてはやされる傾向にあって、400㏄の存在意義があやふやになってしまっているが、このオートバイだけは違う。乗るたびに感動させられるのだ。

確かに最近は各メーカー250㏄に力を入れていて、ロレンスでも250㏄か大型かという流れになってしまっているかもしれない。しかし、中免と言えばやはり400㏄だと思うのです!

画像: 双胴船『あかね』■佐渡汽船 直江津総合案内所 TEL:025-544-1234 URL:www.sadokisen.co.jp www.motormagazine.co.jp

双胴船『あかね』■佐渡汽船 直江津総合案内所 TEL:025-544-1234 URL:www.sadokisen.co.jp

www.motormagazine.co.jp

そして、その400㏄の中でもずば抜けた存在感を放つHONDA CB400.今回のツーリングは、そのCB400SBでの、船の旅からスタートします。

画像: 弁慶 佐渡本店 ■所在地:新潟県佐渡市東大通833 ■TEL:0259-52-3453 ■営業時間:10:30̃21:00 (火曜定休) www.motormagazine.co.jp

弁慶 佐渡本店
■所在地:新潟県佐渡市東大通833 ■TEL:0259-52-3453 ■営業時間:10:30̃21:00 (火曜定休)

www.motormagazine.co.jp

そして、ツーリングの楽しみの1つである、各地域のグルメも外せません。
特に!!佐渡島という事で、海の幸は格別ヾ(*´∀`*)ノ

画像: 大佐渡スカイライン www.motormagazine.co.jp

大佐渡スカイライン

www.motormagazine.co.jp

今回の旅で向かった佐渡島は、島の外周路がすべて爽快なクルージングルートだが、ちょっと脇道に逸れたり、峠に入れば、一気に道が手狭になる。そんな中でも徹底的に扱いやすいCB400SBは、やっぱり強かった。扱いやすいパワーと高い安心感で、旅先のワインディングも自由自在。「走る」ことの高性能さにかけて、このバイクの右に出るものは、まず見あたらないのである。


ツーリングに置いて、取り回しがしやすいという事はかなりの重要事項。バイクの取り回しに必死になって周りの景色を見逃した!なんて事にならないように、愛車は自分の背伸びせず、等身大の物を選びたい。

画像: 願 www.motormagazine.co.jp

www.motormagazine.co.jp

CB400SBの真に恐るべき性能とは「速さ」ではなく「バランス感」なのだ。400㏄という排気量 だからこそ生まれた最高のグッドバランス。本当の意味で「何でもこなせる1台」とは、間違いなく、こういうオートバイのことを言うのだ。

乗っていてバランスがいいと感じる事ができるバイク。それが自分にあったバイクなのだと思う。そんな最高の愛車に出会えれば、ツーリングも2倍、3倍と楽しむ事が出来る。皆さんにも是非そんな1台を見つけてもらいたいと思う。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.