自動車雑誌、オートバイ雑誌の老舗出版社株式会社モーターマガジン社全面協力の元、同社出版の【RIDE LIFE MAGAZINE GOGGLE】より、バイクを楽しむためのおススメのツーリングスポットを紹介していきたいと思います。

あえて東海北陸道へ! 感動&涼感スポットが 飛騨方面に目白押し!?
(GOGGLE@モーターマガジン社)

画像: せせらぎ街道 www.motormagazine.co.jp

せせらぎ街道

www.motormagazine.co.jp

関西方面から白馬を目指す場合、多くのライダーは中央自動車道から長野道へ入って白馬を目指すことだろう。でもそのルートだと白馬までの道程は「移動」の要素が強くなってしまう感が否めない。
 
そこで名古屋生まれの編集部・北岡がおすすめしたいのが東海北陸道を使って、郡上八幡から松本方面へ抜けるルートだ。

確かに目的地がはっきりとしているツーリングでは、そこに辿り着くまでの道のりはただの『移動』になり勝ち。せっかくバイクに乗って移動するのだから、途中途中も全部楽しみ尽くしたい!そんなバイクを愛するバイク乗りへのご提案。

画像: 郡上八幡 www.motormagazine.co.jp

郡上八幡

www.motormagazine.co.jp

まず郡上八幡。ここは飛騨高山のような古い街並みが残る水の町で、 飛騨高山ほど観光地化されていない こともあって、静かに日本の原風景 を楽しむことができる。しかも、そこから飛騨高山方面へと抜けていく国道472号〜県道73号線をつないだ「せせらぎ街道」が最高のクルージングルート。この道路はまだ東海北陸道が無かった頃の、ライダー御用達の快走路で、その名の通り、清流とともに飛騨高山まで北上することができるルートだ。
 
そして飛騨高山の街から長野県方面へと抜ける国道158号線の沿線には、真夏にはオアシス状態の飛騨大鍾乳洞や100名瀑のひとつにも数えられる落差64mの平湯大滝が待っている。ルートからはすこし外れるけれども、平湯大滝から北上して新穂高ロープウェイを目指せば、標 高2156mで北アルプスの絶景に出会うことができる。

スムーズに高速をビューっと飛ばすのもいいけど、こんな情緒ある街並みや風景に触れあえるなら、是非寄り道したいですよね!!

画像: 飛騨大鍾乳洞 www.motormagazine.co.jp

飛騨大鍾乳洞

www.motormagazine.co.jp

絶景の中をバイクで走るのもいいけど、時にはバイクから降りて寄り道も!そこには、今まで見たことも無い世界がきっと広がります。

画像: www.motormagazine.co.jp

www.motormagazine.co.jp

通常であれば、東京方面から白馬を目指す際、多くは長野自動車道の安曇野インターから国道148号線で大町を抜けるか、上信越自動車道の長野インターからオリンピック道路を抜けるルートを取るのが大半。だが、今回は長野インターからさらに北上し、山間の様々なワインディングをルート設定。スポーツランを心行くまで楽しんだ後は、経由地の戸隠で伝統のそばに舌鼓を打つ、という盛りだくさんな内容にしてみた。

今回のツーリングで乗ったモデルはBMW自慢のスーパースポーツ S1000RR。せっかくスーパースポーツに乗るならワインディングを楽しまない理由はない。全身で風を感じ、美味しいものも忘れない。そんな全てを満喫しながら、目的地を目指すツーリング。

画像: 真光寺ループ橋(県道506号線・浅川ループライン) www.motormagazine.co.jp

真光寺ループ橋(県道506号線・浅川ループライン)

www.motormagazine.co.jp

深い森のワインディングを抜け、眼前がパッと開けたときの爽快感は格別だ。途中にある大望峠展望台からは、晴天ならば北アルプスを望むこともできるので、休憩がてら立ち寄るのもいいだろう。鬼無里からは国道406号線・鬼無里街道に入り、景色のいいワインディングを楽しみたいところなのだが、まだ復旧のための工事区間が点在し、ダート区間が多いので、大町街道まで足を伸ばしてみても良さそうだ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.