第7号は、おしゃれで美しい、本格的スポーツカーとして発展させたモデル「 シムカ 1200S クーペ 」です!(akiko koda@ロレンス編集部)

シムカ 1200S クーペ(1969年)

画像: シムカ 1200S クーペ(1969年)

ベルトーネのデザインした旧1000クーペが、一昨年、ボディをやや大型にし、エンジンを1204ccに積み変えて、1200Sクーペとなった。旧型は、スタイルはともかく、性能的にはまったくものたらなかったが、このモデルは、名実ともに高性能小型GTに生まれ変わっている。リアにおかれたエンジンの出力は80HP/6000rpmで、890kgの4座クーペを時速175kmで走らせる。

This article is a sponsored article by
''.