第11号は 「ホンダ 1300」

この時代でも珍しくなっていた空冷エンジンをあえて用いています。本田宗一郎のこだわりが詰まったハイスペック空冷車です。(akiko koda@ロレンス編集部)

ホンダ 1300(1969年モデル)

画像: ホンダ 1300(1969年モデル)

1968年秋の東京モーター・ショーでヴェールを脱ぎ、異例の高性能、本田独特の斬新なメカニズムでセンセーショナルな話題を巻き起こしたモデル。発売も間近と噂されている。自然式と強制式強制式の2重クーリング・システムをもつ並4・OHC1298ccエンジンは、最大出力96PS/7200rpm、最大トルク10.8kg/4500rpmというもの。4速ギア・ボックスを介した最高速度は175km/hというすさまじさ。

This article is a sponsored article by
''.