第6号は、「S8(エスハチ)」の愛称で知られる小型スポーツカー 「ホンダ S800M」

この時代のスポーツカーで、トップクラスのメカニズムを持っていたS8は、世界に「ホンダ」の名を残すきっかけとなった“伝説のスポーツカー”ですよね!

クラシックなオープンボディは、いまみてもうっとりしてしまうスタイリングです♩(akiko koda@ロレンス編集部)

ホンダ S800M(1969年)

画像: ホンダ S800M(1969年)

ホンダの小型2座スポーツの代表車種。昨年、5月にマイナー・チェンジを行なって“M”となった。従来は、このオープンのほか、クーペもあったが、現在はオープンに生産が集中している。新しい“M”は、前輪ディスク・ブレーキをはじめ、安全装置の充実が行われている。DOHC791ccのエンジンは、70HP/8000rpという高速型で、最高速度は160km/h。 (本文は原文のまま)

This article is a sponsored article by
''.