2019年のMotoGPシーズンは、Moto2クラスの使用エンジンがホンダ4気筒600ccのワンメイクから、トライアンフ3気筒765ccにワンメイクになって初の年でした。この変化により、何がMoto2クラスにもたらされたのか・・・を振り返る動画が公開されています。

使用したエンジンは150機以上!! 18戦終了時点の総合周回数は6万ラップ以上!!

Moto2にシャシーを供給しているカレックス、スピードアップ、KTM、MVアグスタ、そしてNTS・・・いずれのチームも2019年度はトライアンフの3気筒を搭載しました。

全18戦で各チームは使用したエンジンは150機以上とのこと。またこれまで18戦でMoto2ライダーたちが走った周回数の合計はなんと6万周!! 以上・・・距離にして30万kmというのですから、この1年でトライアンフは様々なデータ収集をすることができたハズです(これだけ多くのエンジン機数を供給するのは、とても大変なことですが・・・)。

画像: 2018年11月19日、トライアンフはバレンシアでエンジンのテストを行いました。そして2019年シーズンから、いよいよMoto2の「トライアンフエンジン時代」がスタートすることになりました。 www.triumphmotorcycles.jp

2018年11月19日、トライアンフはバレンシアでエンジンのテストを行いました。そして2019年シーズンから、いよいよMoto2の「トライアンフエンジン時代」がスタートすることになりました。

www.triumphmotorcycles.jp

今年はMoto2マシンが、300km/hの壁を破りました!!

Moto2マシンの速さはエンジンだけで決まるわけではありませんが、15のサーキットでラップレコードを更新し、17のサーキットで最高速を更新したのは、トライアンフのスタッフには自信になったでしょう。

5月末のイタリアGPでは、スカイ・レーシング・チーム VR46のニッコロ・ブレガ(カレックス)が、フリープラクティス2で300.6km/hという最高速をマーク! これはMoto2の歴史で初の「300km/hオーバー」の瞬間でした。

画像: MotoGP™  on Twitter twitter.com

MotoGP™ on Twitter

twitter.com

そして周知のとおり、第18戦マレーシアGPの結果により、トライアンフエンジン時代の初のMoto2王者となったのは、今年のMotoGP王者であるマルク・マルケス(ホンダ)の弟であるアレックス・マルケス(カレックス)でした!

画像: マレーシアGPのMoto2クラス決勝で2位になり、自身2度目のタイトルを決めたA.マルケス(カレックス)。なおこの王座獲得は2014年以来となる、兄マルクがMotoGPクラス、弟アレックスがMoto2クラスの"兄弟王者"という偉業でした。 www.honda.co.jp

マレーシアGPのMoto2クラス決勝で2位になり、自身2度目のタイトルを決めたA.マルケス(カレックス)。なおこの王座獲得は2014年以来となる、兄マルクがMotoGPクラス、弟アレックスがMoto2クラスの"兄弟王者"という偉業でした。

www.honda.co.jp

まだ最終戦バレンシアGPが残っていますが、ぜひ今年のMoto2におけるトライアンフの貢献を振り返るビデオをご覧ください!

画像: The 'Powered by Triumph' 2019 Moto2™ championship youtu.be

The 'Powered by Triumph' 2019 Moto2™ championship

youtu.be
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.