現実放棄は社会人的にはNGですけど、現実逃避は社会人が生きていく上で必要な要素ですよね? そんなワケ? で、「遠くへ行きたい」今日この頃のワタシです?

「あの男、旧いBMWを買ったんですよ」「なぁにぃ〜? やっちまったな!!」 by クールポコ。?

私事で恐縮ですが、平成最後の今年の4月、1970年型のBMW R60/5を購入しました。

画像1: @tmc_miyaken on Instagram: “1970 BMW R60/5
#bmw” www.instagram.com
View this post on Instagram

1970 BMW R60/5 #bmw

A post shared by tmc_miyaken (@tmc_miyaken) on

@tmc_miyaken on Instagram: “1970 BMW R60/5 #bmw”

www.instagram.com

軽整備・予備検査渡しで譲っていただいたこのR60/5、アレコレ不具合もそれなりにあったりしました。そんなワケでこのBMW R60/5をちゃんと走るバイクに仕上げるために、あれこれBMWいじりを楽しんでこの連休を過ごしています。この辺を機械イジリして楽しめない方にはお金がかかるばかりなので、整備済みではない旧いバイクをご購入することはオススメできないですね・・・。

画像: ステアリングロックの鍵が紛失していたので、新しいモノに交換するためにこんなことをしたりを、楽しんで? おります。

ステアリングロックの鍵が紛失していたので、新しいモノに交換するためにこんなことをしたりを、楽しんで? おります。

割と高価なので、悩みます・・・

なんでまた旧いBMWを購入したのかというと、旧いバイク好きの私が長距離ツーリングをするとなると、やっぱりBMWかな? という観点からでした。ここのところ10年ほど、伊ファンテック製トライアルバイクしかナンバー付きのバイクが家になかったので、長距離走れるバイクを欲しかったんですよね・・・。あと、自分とほぼ"タメ年"の車齢のバイクにも乗ってみたかったんです(このBMW R60/5は、1969年生まれの私のイッコ下=1970年生まれの49歳ですけど)。

旧いバイクで長距離走るとなると、大事なのは「信頼性」です。ドイツ車って信頼性高そうなイメージじゃないですか? でも「ナチスの科学は世界一チイイイイ!!」と、某有名漫画にもドイツはスゴイみたいな描写ありましたけど、ぶっちゃけ1970年前後の時代の"/5シリーズ"のBMWは、電装系を中心にかなり信頼性って部分では???なところが多いです。

まぁこの時代のBMWの電装系はシンプルなので、コツコツとダメな部分を直していけば問題ないです。今、最大? の問題といえば(大げさ)・・・長距離ツーリングをするために、このBMW用のアクセサリー何を買うか? にもっぱら悩んでいます。素直に長距離ツーリングをするのに便利なパニアケースを装着するのが正攻法? ではありますが、アレコレ購入するとそれなりのオネダンになっちゃうんですよね・・・。

画像: www.bobsbmw.com
www.bobsbmw.com
画像: パニアとリアケース全部装着すると収納能力はバツグンですが、見た目が野暮ったくなるのも否めないですね。パニア左右がベストかな? www.bobsbmw.com

パニアとリアケース全部装着すると収納能力はバツグンですが、見た目が野暮ったくなるのも否めないですね。パニア左右がベストかな?

www.bobsbmw.com

こちらはヘプコ&ベッカーの製品ですが、新品ですと片側で$244.79≒2万7,256円。カケる2で倍の価格・・・。さらに装着するためのマウントセットを買わないといけない・・・。全部買うと送料入れて結構いい額までイッちゃいますね・・・。しばらくはR60/5を直すのにお金かかるので、シートのリア側の上に旅の荷物を括り付けて対処しようかな・・・と思います(苦笑)。みなさんも楽しい連休を、バイクとともにお過ごしくださいませ!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.