2ストローク好きの多く方にとって、1970年代から2000年代初頭までグランプリで活躍したGP500用の2ストローク4気筒GPマシンはあこがれの存在でしょう。こちらにご紹介するのは、英国で売り出し中の1993年型ヤマハYZR500 ROCです。さて・・・気になるオネダンは・・・?

GP500ccクラスのグリッドを埋めるために、企画されたGPマシン!

さて、こちらのYZR500 ROCを売り出しているのは、英国ランカシャー州のファストライン・スーパーバイクというショップです。1989年創業の同社は、レアなロードバイク、レースバイク、そしてクラシックバイクなどを、ワールドワイドに販売して今に至っているそうです。

そんな同社が売り出し中のYZR500 ROCとは、1992年から1995年にGP500ccクラス用に製造販売されたモデルです。1990年前後の時期は、1980年代に人気だったスズキRGやホンダRSなどのGP500ccクラス用市販レーサーが旧態化したこともあり、プライベーターによるGP500ccクラスへの参戦台数が著しく減少していました。

そこでホンダとヤマハは協議し、当時の最高峰クラスの参戦台数を増やす対策をすることにしました。ホンダの対策案とは、NSR500のサテライトチームへの供給を増やすことでした。一方ヤマハはV4エンジンを提供し、フレームビルダーが市販レーサーとして販売する・・・という対応をしました。

ヤマハYZR500用のV4エンジンを供給されたのは、フランスのROCと、英国のハリス・パフォーマンス・プロダクツでした。そしてこの2社は1992年から1995年の間、限られた数ではありますが市販レーサーとしてYZR500エンジンを搭載するGPマシンを市販し、最高峰クラスのグリッド上に並ぶマシンの増加に貢献したわけです。

画像: フランスのROCが製造したYZR500 ROC。こちらは1993年型で、当時は92,000英ポンドくらいで販売されていました。なお当時ですと、英ポンドはおよそ166円くらいのレートでしたね・・・。 www.fastline.co.uk

フランスのROCが製造したYZR500 ROC。こちらは1993年型で、当時は92,000英ポンドくらいで販売されていました。なお当時ですと、英ポンドはおよそ166円くらいのレートでしたね・・・。

www.fastline.co.uk

気になるオネダンは・・・99,500英ポンド≒1,434万9,855円です!

ファストライン・スーパーバイクの説明文によると、このYZR500 ROCはフランス人ライダーのベルナール・ガルシアがGP500ccクラスで使ったマシンということです。1993年シーズン、彼はYZR500(0WF2)で走っていたので、このマシンは1994年か1995年、またはその両方のシーズンに使った・・・ということなのでしょう。

画像: 1993年、オランダGPをヤマハYZR500で走るB.ガルシア。1994〜1995年はROCのマシンでGP500ccにエントリーしていました。 global.yamaha-motor.com

1993年、オランダGPをヤマハYZR500で走るB.ガルシア。1994〜1995年はROCのマシンでGP500ccにエントリーしていました。

global.yamaha-motor.com

さて気になる価格ですが・・・見出しで記したとおり、約1,435万円・・・ほどです! これは高い!! と思った方も多いでしょうが、当時の新車価格から積み上がったプレミアは7,500英ポンドくらいですし、今はかつてより英ポンドはレート的に割安なので、富豪の方にとってはお買い得!! と思えるのかもしれません(笑)。

本気で欲しい方は、ファストライン・スーパーバイクのウェブサイトからお問い合わせしてみてください。そして野次馬的興味がある方は、ebay.co.ukにも出品されているので、ウォッチリストに加えて見物してみてはいかがでしょうか?

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.