わたくしバイクが大好きですが、クルマも大好きです。でも最近、忙しくて乗る時間が激減。雨などで汚れた後に洗車する時間が作れないから、それが嫌で車体カバーをしたまま放置してました。しかし、これではいけない! と、一念発起して有名な『KeePer』コーティングにチャレンジしてみました!

いつだって愛車は綺麗でいてほしい

画像: いつだって愛車は綺麗でいてほしい

大好きな愛車はいつだってピカピカでいてほしい! 汚れたら即、洗車したい。

そういう『愛車過保護』の同志のかた、いらっしゃいますか?

ボクは完全にそれです。汚れたらすぐに洗車したい派。

愛車が汚れていると心が痛むんですもの。はやく綺麗にしてあげなきゃ!って思います。

大事にしすぎて乗らなくなる

でも仕事が忙しくなると洗車もなかなかできない。

だから汚れることを恐れて、だんだん乗らなくなっていました。

愛するがゆえに……これでは本末転倒です。

画像: 大事にしすぎて乗らなくなる

そこで一念発起!

ガソリンスタンドをはじめ、街の中でよく見かける『KeePer』コーティングをやってみます。

選んだ理由は、これがいちばんメジャーそうだったから、です(笑)

愛車を任せるには、そういう安心感も大事ですから!

<取材協力/KeePer LABO 八王子店>

ラッキーなことに大元のKeePer技研の直営店である「キーパーラボ」の八王子店が近所だったので、そちらに持ち込みました。

WEBから予約して、事情を話して撮影もOK!

体当たりで試します!

奮発して一番人気コースを!

画像1: 奮発して一番人気コースを!

スタッフのかたと相談して、一番人気だというダイヤモンドキーパーを選択。

クルマはSサイズのクラスでしたが、それでもお値段5万1500円!

一瞬、本気でためらいました……もう少しリーズナブルなクリスタルキーパー(1万8300円/Sサイズ)でもいいんじゃない?

でも、ここは勢い。

もう10年以上、ボクを楽しませてくれている相棒ですから、それくらいはしてあげないと!

画像2: 奮発して一番人気コースを!

ちなみにオプションでホイールのコーティングもお願いしました。

ブレーキダストですぐ汚れるから……それがササッと取れるなら、と。

4本で7510円(※価格は16~19インチの場合)。

ダイヤモンドキーパーの注文で勢いづいているので、怖いもの無しです。

作業スタート。どうなるか心配……

画像: 作業スタート。どうなるか心配……

キーを渡して、大丈夫かな……と、何となく心配していましたが、作業をしてくれるスタッフさんが“ファサッ”とシートにカバーをしてくれるのを見て、安心しました。

あ、大丈夫だ。大事に扱ってくれる。

そう思えたんです。

まずは洗車タイム

画像1: まずは洗車タイム

全体ではなく部分から洗っていく。洗車の基本に忠実です。

画像2: まずは洗車タイム

ホイール洗車用に使っていた棒状のスポンジが便利そうで欲しくなりました。

ホイールって汚れると全体がヨレて見えるから、いつも綺麗にしていたいけど、形状が複雑で洗うとなると面倒なんですよね。

本当にKeePerコーティングで洗うのが簡単になるのでしょうか?

画像3: まずは洗車タイム

そして全体を洗車します。

ここで驚きました。

なんと2回も洗ってくれるんです!?

画像4: まずは洗車タイム

最初の1回はホコリ落としとケミカルを使った水垢の除去。

2回目は、その水垢落としのケミカルをしっかり落とす意味もあるそうです。

画像5: まずは洗車タイム

これがもう本当に丁寧です。

優しく泡で汚れを落とす。

コーティング前に汚れが残っていると、その上からコーティングすることになり、美しく仕上がらないとのこと。

これがプロの洗車か……と、見ているだけで感動しました。

クルマへの気遣いがハンパない

画像: クルマへの気遣いがハンパない

ちなみにこの八王子店も含むキーパーラボ店では、洗車の水までこだわっているというから驚きます。

マグネシウムやナトリウムを除去した純水での洗車が行われます。

こだわりレベルがハンパじゃない。洗車だけでも満足度がすごく高いです。

<リーズナブルだけど、洗車だけでも価値があります!>

そして洗車後は濡れたまま、室内へ。

画像1: <リーズナブルだけど、洗車だけでも価値があります!>

外から見ると、こんな感じで洗車後の拭き上げ中。

風などで新たなチリやホコリが付着しないように、拭き上げからは屋内での作業になるんです。

しかしまぁ驚くほど洗車だけで見違えるようにピカピカになります。

もうコーティング必要ないんじゃない?とさえ思えてきます(笑)

画像2: <リーズナブルだけど、洗車だけでも価値があります!>

ボンネット裏など、見えない部分もきちんと拭き上げ。

細かい配慮に嬉しくなりますね。

あと、もうひとつ!

キーパーラボのスタッフさんは着ているツナギが綺麗なのが、何か嬉しいです。

クルマを移動するときなど、シートカバーがあるとはいえ、汚れたツナギだと心配になりますからね。

This article is a sponsored article by
''.