ホンダのバイクに全部乗る!っていう勢いだけではじめた連載企画【ホンダオールすごろく】の栄えある第1回はCBR250RRで! なぜこのバイクかというと、前に1回乗った時にめちゃくちゃ感動したから。改めて……もうホント真面目に欲しい!

ホンダのバイク全制覇の旅「ホンダオールすごろく」連載一覧はこちらから

本気で見た目に惚れていいと思う

どこからどう見ても360度ぐるっと全部カッコいい。もう250ccとか排気量なんて、どうでもよく思えるのがCBR250RRです。マジで惚れる。

個人的にはこのソードシルバーメタリックがステキです。イエローのアクセントが効きまくりで、街でもかなり目立ちますからね!

最近モデルでは新しくホワイトが追加されて、そっちもかなり気になるけど。

これが新色のパールグレアホワイト。ABS仕様のみのカラーです。

ていうか、もはやイタリア車みたいな風格になってませんかコレは!?

でも、完全に見た目以上です

でもこのバイクはカッコいいだけじゃないんですよ。エンジンもスゴいけど、個人的には車体側のスゴさに感動。フレームとか足周りのバランスです。

フルカウルで外側からは良く見えないけど、CBR250RRはトラス構造のフレームになっています。このフレームがすごい剛性感があって、走ると超安心なんですよ。

それにガルアーム形状のアルミスイングアーム。スイングアームがアルミっていうのも本気です。

ちなみにスイングアームが軽いアルミ製になるとリヤサスペンションの負荷が減って、サスペンションの動きが良くなるし、重量のマスが集中するからハンドリングも良くなる。

良いことづくめだけど、高価なパーツだから、これを装備してるのは同じクラスだとCBR250RRだけじゃないかな?

ちょっとマニアックだけど、それだけホンダがこのバイクを真剣に作っているって証拠です。

あとブレーキフィーリングがとにかく最高なんですよ! 変な言いかただけど、ブレーキレバーの操作フィーリングが高級です。全然グニャッとしてる感じが無くてハリがある。

高級パーツのラジアルポンプのマスターシリンダーみたい。これが実現できるって技術ってスゲェ……って思います。

ぶっちゃけ大排気量スポーツバイクでも、これくらいしっかりしている操作フィーリングのバイクって少ないですよ?

前置きが長くてすみません……

画像: 前置きが長くてすみません……

という訳で超お気に入りのCBR250RRをホンダ本社から借りました! ホンダオールすごろく第1回のスタートです。

まずはホンダ本社の近くの青山で記念に1枚(笑)

うーん、やっぱりカッコ良すぎる! 天気も最高だし、さぁてドコに走りにいこうっ!?

【後編もどうぞ!】

まだまだあるぞ!ホンダ全車両制覇の旅「ホンダオールすごろく」一覧はこちらからチェックを。

This article is a sponsored article by
''.