今年のSBK(世界スーパーバイク選手権)もこのフランスを含め残り3戦ですが、早くもジョナサン・レイ(カワサキ)が史上初の3年連続タイトルにリーチをかけております。はたして今大会で今年のチャンピオンは決まったのでしょうか?

レース1であっさり決めちゃいました!

はい、結論から先に言いますと、土曜日のレース1でレイが優勝でタイトルを決めちゃいました!

SBK史上初の3連覇を達成したJ.レイ(カワサキ)。お見事!のひと言です!

www.worldsbk.com

スーパーポールを制覇し、ポールポジションからスタートしたレイは、僚友のトム・サイクス(カワサキ)やライバルのチャズ・デイビス(ドゥカティ)を引き離します。その後、レイの後方で2位争いが展開されますが、それを制したライダーがレイを追いかける・・・という展開にはなりませんでした。

1988年からスタートしたSBKですが、フレッド・マーケル(ホンダ1988-1989年)、ダグ・ポーレン(ドゥカティ1991-1992年)、カール・フォガティ(ドゥカティ1994-1995年、1998-1999年)と、今まで2連覇を達成したライダーは3名いましたが、3連覇を成し遂げたのはレイが初めてのことです。

ともあれ、おめでとうございます! 残りのレースでも、どれだけ勝利を積み重ねるか・・・注目しましょう!

2017 SBK第11戦フランス レース1結果
1. J.レイ         カワサキ
2. M.メランドリ      ドゥカティ
3. T.サイクス       カワサキ
4. L.キャミア        MVアグスタ
5. A.ローズ        ヤマハ
6. E.ラバティ       アプリリア

This article is a sponsored article by
''.