スズキが原付二種125ccのスポーツネイキッド「GSX-S125」を発表しました。150ccのジクサーとどう違うの?と思ったら、コッチはけっこうキレッキレのスポーツ路線みたいですよ?

高回転まで回して楽しむスポーツ125

画像1: 高回転まで回して楽しむスポーツ125

スズキが125スポーツのニューモデルを発表しました。GSXシリーズ最小排気量となる125ccの「GSX-S125」です。10月11日に発売決定となりました。

画像2: 高回転まで回して楽しむスポーツ125

いちばんのインパクトはヘッドライト。けっこう斬新なデザインですよね。個人的には好きです。しかもヘッドライトがLEDだし!

画像3: 高回転まで回して楽しむスポーツ125

スタイリングもカッコイイですね。ちなみに125ccだから小さいか?と思ったのですが全長2000mmなので、けっこうボリュームありそう。デカさが堂々としている150ccの人気モデル「ジクサー」が全長2005mmですからね。

デザインは「ネジ1本までこだわった」とのこと!

エンジンのキャラが濃いかも?

画像1: エンジンのキャラが濃いかも?

水冷単気筒エンジンは最高15馬力を10000回転で発生。GSX-S125はとにかく「コンパクトで軽く、スリムに!」を目指したようです。高回転までブン回して走るキャラっぽいですね。熟練のライダーも満足させられるように造り込んでいます。

画像2: エンジンのキャラが濃いかも?

マフラーがカッコイイ……高級感がありますね。

画像3: エンジンのキャラが濃いかも?

リヤショックもリンク式。ちゃんとしてます。

画像4: エンジンのキャラが濃いかも?

ABS標準装備。GSX-S125、なかなかやります。ユニットはボッシュ製ですね。

カラーは2色を展開です! ストリートをメインで乗るならブラック、スポーツバイクとして乗るならブルーがいいかも。

アンダーカウルが標準装備なのは、個人的にストライク。カッコいいから、ここ大事です(笑)

画像5: エンジンのキャラが濃いかも?

うん……カッコイイです、このライト。斬新だし!

お値段は税込35万4240円。ABS標準装備だし、アンダーカウルもついているから納得できます。しかも125ccは維持費が安いですから。

ちょっと楽しみなバイクですね。乗ってみたい!

250ccのGSX250R、150ccのジクサーに続いて、125ccのGSX-S125をスズキがどう仕上げてくるのが気になっています。

10月11日発売。気になる人はスズキWEBサイトへどうぞ!

This article is a sponsored article by
''.