現地日曜日に開催された世界スーパーバイク選手権(SBK)U.S.ラウンド・レース2ですが、そのリザルトよりも気になった?のは、ドゥカティの「これから」の話題でした。

王者ジョナサン・レイ、連覇に近づく!

日曜日のレース2は、SBK2年連続王者のJ.レイ(カワサキ)の強さが光りました。リバースグリッドで1番グリッドについたのは、ドゥカティのマルコ・メランドリでした。しかし、最初の周でリードを奪ったのはレース1で3位だったトム・サイクス(カワサキ)。その後ろにはレイがついて、カワサキの1-2体制が築かれました。

画像: T.サイクス(カワサキ)の前を走るJ.レイ(カワサキ)。レース2は王者の独走の展開に・・・。 www.worldsbk.com

T.サイクス(カワサキ)の前を走るJ.レイ(カワサキ)。レース2は王者の独走の展開に・・・。

www.worldsbk.com

リバースグリッドで後ろの位置からスタートすることになった、レース1の勝者のチャズ・デイビス(ドゥカティ)は、先行車たちを抜くのに苦戦。その間にカワサキコンビが逃げる展開になりました。そしてレイはチームメイトを序盤でパスすると、あとはゆうゆうとリードを守って優勝。この結果、レイのポイントは341にのび、2位サイクスの282、3位デイビスの226に大きく差をつけました。

画像: 今期9勝目をマークしたJ.レイ(カワサキ)。残り5ラウンドですが、今年も「彼の年」になりそうですね・・・。 www.worldsbk.com

今期9勝目をマークしたJ.レイ(カワサキ)。残り5ラウンドですが、今年も「彼の年」になりそうですね・・・。

www.worldsbk.com

来年はドゥカティ パニガーレが主戦マシンとして最後の年に・・・?

さて・・・ドゥカティがV4マシンでSBKに参戦するかも・・・というニュースは、今年の1月にはすでにお伝えしていましたが、どうやらホントにそうなりそうです。

今回のSBK U.S.ラウンドで、ドゥカティはパニガーレのファイナルエディションを発表し、そのイタリアンカラーをSBKマシンにも採用して大いに話題になりました。そして、ファイナル・・・ということで、今年の11月のEICMA(ミラノショー)では次世代のドゥカティ主戦マシンであるV4がデビューすることを、CEOのクラウディオ・ドメニカリが日曜日のインタビューで明言しました。

M.メランドリのドゥカティ パニガーレR。U.S.ラウンドで公開されたパニガーレのファイナルエディションと同じ、イタリアントリコロールのカラーリングが施されていました。

www.worldsbk.com

そしてドメニカリは、新型V4のドゥカティは1年レース用の開発に時間を費やし、2019年にSBKへ投入する予定・・・と今後の見通しについても語りました。人気モデルのパニガーレですが、もし今年と来年のSBKでチャンピオンになれないと、SBKタイトルを獲れなかったドゥカティV2ということになってしまいます・・・。今年はすでにポイント的に厳しいですけど、来年はどうなるのか、とても気になります(←鬼が笑いますね)。

次戦ドイツラウンドは8月18〜20日・・・サマーブレイク後のSBKに注目しましょう!

SBK U.S.ラウンド 決勝結果

レース2
1:J.レイ カワサキZX-10RR Kawasaki Racing Team
2:T.サイクス カワサキZX-10RR Kawasaki Racing Team
3:C.デイビス ドゥカティ パニガーレR Aruba.it Racing - Ducati
4:M.メランドリ ドゥカティ パニガーレR Aruba.it Racing - Ducati
5:X.フォレス ドゥカティ パニガーレR BARNI Racing Team
6:E.ラバティ アプリリアRSV4 RF Milwaukee Aprilia

This article is a sponsored article by
''.