巨匠リドリー・スコット製作総指揮。ニコラス・ホルトとクリステン・スチュワート主演のSFサスペンス(現代は「EQUALS」)。
感情を抑圧することで人類の滅亡を防ごうとする共同体の中で、図らずも恋に落ちる男女に訪れる恐怖を描くディストピア映画。ちなみにロケ地の一部は日本、安藤忠雄の建築物を使っているということでも話題に。

感情の発露は危険な病気の発症とされる近未来。禁断の恋に落ちた二人の男女の逃避行・・

世界戦争によって、地球上の99.6%が破壊された近未来。生き残った人類は、諸悪の根源は感情であると考え、遺伝子操作で感情を排除する技術を生み出した。感情を排除された人間のコミュニティは「イコールズ」と名付けられ、万一恋愛や喜怒哀楽などの感情を抱いた者は、重篤な病気の発症であるとされて隔離されたうえで、殺傷処分(安楽死)されることになっていた。
そんなイコールズに暮らしている若い男女、サイラス(ニコラス・ホルト)とニア(クリステン・スチュアート)は、厳格な掟を理解しつつも惹かれあい、ついには互いに愛し合っていることを自覚してしまう(発症してしまう)。

人を愛すること、互いを求め合うことを悪と考えるイコールズでは、キスやセックスは悪魔の所業である。互いを愛し求め合うことはイコールズではあってはならないことなのだ。
感情が芽生え、愛を知ってしまった二人の若者は、当然人目を忍んで触れ合いを求めるが、やがてそれを隠し通しながら生きていく苦痛に耐えきれなくなる。

そこで二人はイコールズからの脱出を計画するが、思ってもみなかったハプニングに翻弄されていく。

ニコラス・ホルトとクリステン・スチュアートが近未来版ロミオとジュリエットを熱演

主役は僕のお気に入りの俳優の一人であるニコラス・ホルト。
見た目は爽やかで好青年というか美青年だが、実に多様でキレた演技をする良い俳優だ。

ヒロインには「トワイライト」シリーズや「スノーホワイト」でも知られるクリステン・スチュワート。さらにガイ・ピアースが脇を固める。

本作は、激しいアクションは全くないが、緊迫して息を吸うのも忘れてしまいそうになるほどスリリングな映像が続く。愛する二人が超・監視社会のイコールズを果たして脱出できるのか、そして愛を貫けるのか。観ている人は、最後まで不安を押し殺しながら見守ることになるだろう・・・。

途中、絶望的なエンディングを予感させる展開となるが、果たして二人は生まれて初めての愛を成就することができるのか。意外な結末をぜひご覧いただきたい。

画像: ニコラス・ホルト(Nicholas Caradoc Hoult, 1989年12月7日 - )は、イギリスの俳優。 ja.wikipedia.org

ニコラス・ホルト(Nicholas Caradoc Hoult, 1989年12月7日 - )は、イギリスの俳優。

ja.wikipedia.org
画像: 映画「ロスト・エモーション」予告編 www.youtube.com

映画「ロスト・エモーション」予告編

www.youtube.com

This article is a sponsored article by
''.