ちょこっとお散歩するのに最適な“リリック”。
ソフトバイクのキャロット、マリック、リリックは三兄弟で、リリックはマリックから2速ミッションを外したものになります。
今日だけあって見た目がそっくりですね。みなさん、この兄弟たち、見分けられますか?(笑)

YAMAHA リリックLD50(1979年)

画像: ●空冷2スト・リードバルブ単気筒 ●49cc ●2.8PS/6000rpm ●0.40kg-m/3500rpm ●49kg ●2.75-10・2.75-10 ●10万5000円 ©オートバイ別冊付録 不朽の日本車102年史

●空冷2スト・リードバルブ単気筒
●49cc
●2.8PS/6000rpm
●0.40kg-m/3500rpm
●49kg
●2.75-10・2.75-10
●10万5000円
©オートバイ別冊付録 不朽の日本車102年史

キャロットにはないレッグガードを装着。タイヤも2.75-10サイズとなり、より今日のスクーターに近いイメージを持つ。(©オートバイ別冊付録 不朽の日本車102年史)

キャロットの詳細はこちら!

マリックの詳細はこちら!

この連載では、モーターマガジン社出版「月刊オートバイ【別冊付録】不朽の日本車102年史」より、日本を作り上げた歴史のオートバイを振り返っていきます。
日本の歴史1909年産声をあげた日本最初のオートバイ、島津NS号から2011年モデルまでじゃんじゃん紹介していくので、「そういえばこんなバイクあったなぁ」と懐かしい気持ちになってもらえたり、「昔はこんなオートバイがあったんだ!」とあらたな発見をしてもらって、お楽しみいただければと思います。(akiko koda@ロレンス編集部)

This article is a sponsored article by
''.