HONDA XL 250Sの走行性を持ち、使用範囲の広い2輪車として開発されたのが、「HONDA XL125S」
高めの車高だけど、バランスが良く、取り回しがらくちん!長距離を走るには最適なバイクですね。

HONDA XL125S(1978年)

画像: ●空冷4ストOHC2バルブ単気筒 ●124cc ●12PS/9500rpm ●0.97kg-m/8000rpm ●106kg ●2.75-21・4.10-18 ●18万9000円 ©オートバイ別冊付録 不朽の日本車102年史


●空冷4ストOHC2バルブ単気筒
●124cc
●12PS/9500rpm
●0.97kg-m/8000rpm
●106kg
●2.75-21・4.10-18
●18万9000円
©オートバイ別冊付録 不朽の日本車102年史

XL250Sと共通のイメージを持つ車体デザインへ一新。空冷4ストシングルエンジンには、CDI点火と6速ミッションが採用され、足まわりも前後サスのストロークを大幅にアップされて、オフロードでの走破性を大きく高めた。フロントホイールは23インチのXL250Sとは異なり、こちらは21インチが採用されている。(©オートバイ別冊付録 不朽の日本車102年史)

This article is a sponsored article by
''.