休日はお家でまったりDVD鑑賞が趣味。そんなロレンス編集部員ちぃこが最近見たおススメDVDをご紹介!!!
第2回目は乾くるみ先生の小説『イニシエーション・ラブ』を映画化した作品をご紹介。

ストーリー

女性経験のない大学生・鈴木夕樹が人数合わせに参加した初めての合コンで、歯科衛生士の成岡繭子に出会い、恋をする。

一目惚れをしてしまった夕樹に偶然にも興味を持つ繭子。積極的な繭子のリードでだんだん親密になる2人。夕樹という名前が「タキ」とも読めることから、「たっくん」と呼ばれるようになる。

「たっくん」は、繭子と付き合っており、慶徳ギフト静岡に勤めていた。成績優秀であるため、東京派遣への内示を受け、繭子を置いて引っ越しをしなければならなくなる。遠距離恋愛になってしまった2人の気持ちはだんだんすれ違い、、、、

田舎町で暮らす若者の純粋なラブストーリーかと思いきや、大逆転のどんでん返し

画像: 「イニシエーション・ラブ」予告 youtu.be

「イニシエーション・ラブ」予告

youtu.be

平凡な田舎町の合コンで出会った2人。まず、恋愛経験無しで見た目もぽっちゃり、お世辞にもイケメンとは言い難い夕樹に積極的な繭子に違和感を感じずにはいられなかった。

これはモテない男を騙す恋愛詐欺映画なのか?そんな疑いを持ちながらストーリーが進んでいくと、大好きな繭子の為に一生懸命自分磨きを頑張る夕樹に少しキュンとし、疑いは晴れていく。そして社会人になった「たっくん」は、慣れない仕事と遠距離恋愛の疲れからだんだん変わっていってしまう。それでもひた向きに愛し続ける繭子。あれ?立場が逆転している。モテない男がモテだすと変わってしまう。そんなありふれた恋愛映画だったのか。何だかリアルな現実。繭子がいなきゃ今でも恋愛経験無しのままだったかもしれないのに。

そんな、最初の予想を裏切って、ありふれた恋愛詐欺映画からありふれた恋愛映画にストーリーが反転する。そして繭子を捨てた「たっくん」が繭子の元に戻って来た時、またストーリーが一転。何回予想を裏切ってくれるのか。結局最後に笑うのはしたたかな女と純粋な男。そんないい意味で期待を何度も裏切ってくれるリアルな恋愛映画でした。

私も彼氏ができたら「たっくん」って呼ぼうかな(笑)

This article is a sponsored article by
''.