日産車のカスタマイズモデルを製作するオーテックジャパンが、創立30周年を記念して送り出したコンプリートモデルが、マーチをベースにした「ボレロ A30」だ。
そのステアリングを、ようやく握ることができた。

基本ボディスタイルこそマーチだが、約90mmのワイドトレッド化に合わせてフェンダーは大きく広げられ、車幅は145mmも拡大されている。
専用の前後バンパーや加飾モール、センターデュアル出しのマフラーで迫力は増している。
ホイールは鍛造フル切削で、インセットは2mm!

画像: ボディカラーは写真のナイトベールパープルのみ。それにしても前後フェンダーの張り出しはハンパではない。

ボディカラーは写真のナイトベールパープルのみ。それにしても前後フェンダーの張り出しはハンパではない。

ドアを開けると、ヘッドレスト一体型のレカロ製シートが目に入る。リアシートも専用のシート地に張り替えられている。
インパネの基本デザインはノーマルと変わらないが、本革巻きステアリング、専用メーター、パッド付きペダルがその気にさせてくれる。

画像: ハードなコーナリングにも対応するサポート抜群のレカロ製LX-Fシート。リアシートも同色の専用シート地に。

ハードなコーナリングにも対応するサポート抜群のレカロ製LX-Fシート。リアシートも同色の専用シート地に。

画像: タコメーターは7000rpmからレッドゾーン、スピードメーターは220km/hスケール。エアコン操作パネル上にシリアルナンバー入りのエンブレムが付く。

タコメーターは7000rpmからレッドゾーン、スピードメーターは220km/hスケール。エアコン操作パネル上にシリアルナンバー入りのエンブレムが付く。

エンジンは1.6Lの直列4気筒、HR16DE型に換装されている。しかも、匠の手により1基ずつ手組みされ、組み合わされるミッションは5速MTのみだ。
最高出力150ps、最大トルク160Nmというパワースペックは絶対的レベルではたいしたことないが、車重は1トンそこそこだし、手組みでバランスの良いエンジンは低回転からトルクがあり、7000rpmまでキレイに吹き上がっていく。

画像: 手組みされたとはいえ、エンジンの外観はノーマルと変わらない。エンジンルーム手前にもオーテックジャパンのエンブレムが付く。

手組みされたとはいえ、エンジンの外観はノーマルと変わらない。エンジンルーム手前にもオーテックジャパンのエンブレムが付く。

ワイドトレッド化のおかげで、コーナリング性能は格段に高められている。5速MTを駆使して吹けの良いエンジンを操れば、ワインディングを走るのは楽しい。
できればフロントにLSDが欲しいくらいだ。
もちろんサスペンションもチューニングされているが、乗り心地は悪くない。

限定30台のマーチ ボレロ A30。価格は356万4000円とノーマルのマーチの倍近いが、すでに完売。
このクルマを手に入れた人には、それだけの価値があるモデルと言える。

This article is a sponsored article by
''.