2017年登場予定の新ゴルフは1.5Lエンジンを搭載

フォルクスワーゲンは、登場してから今年で4年目を迎える現行型ゴルフのフェイスリフト仕様を発表した。写真を見てもわかるようにエクステリアデザインを大幅変更し、2ドア、4ドア、ヴァリアント、GTEを含めた全モデルにLEDヘッドライトを標準装備している。

エンジンは新たに「1.5 TSI Evo」と呼ばれる1.5リッター直4ターボエンジン(150ps)がラインナップされた。このエンジンには気筒休止システムも搭載され、さらなる燃費向上が期待できる。

またハイパワーエンジンを搭載するGTI 2.0TSIの最高出力は230psまで引き上げられ、これに組み合わせられるトランスミッションは7速DCTにアップデートされている。

モーターマガジン1月号(12月1日売り)では、さらに詳しい情報を掲載します。それまでは動画をお楽しみください。

画像: The new Golf: World premiere www.youtube.com

The new Golf: World premiere

www.youtube.com

This article is a sponsored article by
''.