CB92が登場した1959 年。そこから続くCBの歴史は日本のスポーツバイクの足跡そのものとも言える。歴代CBは様々な顔を持つが、どれひとつとってもその骨格を形作っているものは、やはり“ スポーツ” であった。そんなHONDAが誇るCBシリーズの歴史を振り返っていきたいと思います。

Fシリーズの頂点、最後の空冷:CB1100F(輸出車)

画像: (オートバイ Classics©モーターマガジン社) www.motormagazine.co.jp

(オートバイ Classics©モーターマガジン社)

www.motormagazine.co.jp

CBXからの流れを汲む、カムカバーがドンと強調されたエンジンデザイン。このシルエット、俺は好きなんだよなぁ。フロントのスタイルも古さを全く感じさせない。跨るとタンクが長く感じるが、体格がいい奴が乗ってサマになるように出来ているのだ。ハンドルは高くないがステアリングポジションが高いのと、現車はうまく段がついたシートのせいで上体はあまり前傾しない。ステップ位置はステップバー1本くらい前にある方がバランスは良さそうだ。さすがに乾燥重量243㎏(装備重量264㎏)。車体は重さを感じる。

前後ブレーキのバランスがよく、特にリアブレーキはロックし辛くいというのが特徴的なCB1100F。CBXに替わるスーパーフラッグシップモデルとして登場し、空冷DOHCの最後を飾った伝説の1台なのです。

This article is a sponsored article by
''.