2044年の地球は太陽風の増加によって砂漠化し、人口は99.7%も減少し、わずか2100万人となっていた。生き残った人類は人型ロボット「オートマタ」(ピルグリム7000型)を開発し、過酷な環境下での作業や、家庭内でのさまざまな使役に利用していた。
オートマタを開発したのはハイテク企業 ROC社。オートマタには安全を期して、「生物へ危害を与えること」及び「自己および他者を改造したり修復すること」を禁止するプロトコルを変更不可能なプログラムとして与えられた。
主人公ジャック・ヴォーカン(アントニオ・バンデラス)はROC社の社員。オートマタが何らかのトラブルを起こした時に派遣される、一種の保険調査員だ。彼はROC社の2つのプロトコルに違反している可能性のあるオートマタの存在を疑い、黒幕を探す捜査を始める。
彼は命を狙われるが、やがてそれ以上に恐ろしい真実にたどり着くー。

自然災害による人類絶滅への危機と、そんな事態の打破のために作ったはずのロボット(オートマタ)が人類を超える存在へと進化していくという、自然と科学の双方から発生する巨大な悪夢を映画化した作品。
全体的な雰囲気は「ブレードランナー」に似ているが、アクションは少なめで、心理的な恐怖を煽る作りになっている。

画像: 映画『オートマタ』予告編 www.youtube.com

映画『オートマタ』予告編

www.youtube.com

This article is a sponsored article by
''.