この連載では、モーターマガジン社出版「月刊オートバイ【別冊付録】不朽の日本車102年史」より、日本を作り上げた歴史のオートバイを振り返っていきます。
日本の歴史1909年産声をあげた日本最初のオートバイ、島津NS号から2011年モデルまでじゃんじゃん紹介していくので、「そういえばこんなバイクあったなぁ」と懐かしい気持ちになってもらえたり、「昔はこんなオートバイがあったんだ!」とあらたな発見をしてもらって、お楽しみいただければと思います。(akiko koda@ロレンス編集部)

当時すでに人気がでていたYAMAHAミニトレGT50に対抗したものとして登場したのが、この「SUZUKI ミニクロCM50」

SUZUKI ミニクロCM50(1975年)

画像: ●空冷2スト・ロータリーディスクバルブ単気筒 ●49cc ●5PS/8500rpm ●0.45kg-m/7500rpm ●79kg(装備) ●2.50-16・3.00-14 ●9万6000円 ©オートバイ別冊付録 不朽の日本車102年史

●空冷2スト・ロータリーディスクバルブ単気筒
●49cc
●5PS/8500rpm
●0.45kg-m/7500rpm
●79kg(装備)
●2.50-16・3.00-14
●9万6000円
©オートバイ別冊付録 不朽の日本車102年史

キッズ用市販モトクロッサーTM75をベースに、一般公道走行用に保安部品を装着したモデル。当時ヤマハのミニトレと人気を二分した。(©オートバイ別冊付録 不朽の日本車102年史)

ちなみにYAMAHA GT50(1974年)はこちら!

画像: ● 空冷2スト・ピストンリードバルブ単気筒 ●49cc ●4PS/7000rpm ●0.45kg-m/5000rpm ●62kg ●2.50-15・2.75-14 ●8万9000円 ©オートバイ別冊付録 不朽の日本車102年史

● 空冷2スト・ピストンリードバルブ単気筒
●49cc
●4PS/7000rpm
●0.45kg-m/5000rpm
●62kg
●2.50-15・2.75-14
●8万9000円
©オートバイ別冊付録 不朽の日本車102年史

みなさんはどっちがお好き?

  • SUZUKI ミニクロCM50派!
  • YAMAHA GT50派!
  • SUZUKI ミニクロCM50派!
    35
    35
  • YAMAHA GT50派!
    65
    65
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.