現在、ドイツで開催されている二輪車国際見本市「インターモト」でスズキが海外市場向けの2017年モデルを発表。今のところ海外市場向けとあるけれど、これはさすがに日本に導入されるんじゃないですか?

V-Strom1000じゃないんです。650が1000とソックリのスタイルに!?

いやいやいや、誰が見たってこれはV-Strom1000でしょう! ……でも違うんです。これ、650なんです。日本で国内仕様が登場してからジワジワと人気を伸ばしていたスズキのミドルクラスアドベンチャー「V-Strom650」がまさかのフルモデルチェンジで、1000そっくりなスタイルに変身します。
しかも新型はトラクションコントロールまで装備しています。そのうえで「ローRPMアシスト」や「スズキイージースタートシステム」も採用されるとのこと。
スタイルは「V-Strom」シリーズとして統一したのでしょうね。
もともと650は1000cc顔負けのビッグボディだっただけに、こうなるともはや区別がつかない?
でも、そんなことも無いようです!

V-Strom1000はコーナリングABS装備&快適性アップ! XTも登場です。

画像: V-Strom1000 XT

V-Strom1000 XT

650がド派手にスタイリング変更したなら、1000はさらに高級感アップです。
比べてみると、けっこうデザイン変更がされていますね。シュラウドやクチバシのデザイン、ツートーンのシートなど冒険バイクらしい男らしさが増量されています。
高さと角度調整が可能なウインドスクリーンは従来型より49mmロングに。高速巡航での快適さをアップさせているとのことです。
ちなみに写真はワイヤースポークホイール仕様のXT。アンダーカバーやナックルカバーも標準装備になります。もちろんキャストホイールのスタンダード仕様もラインアップされますよ。
メカニズム的にはコーナリング中のブレーキングでもABSの作動が可能になる「モーショントラック・ブレーキシステム」の搭載に注目です。これ、いわゆるコーナリングABSですね。超高級輸入車だけの装備かと思ったら、スズキさんやってくれました!!!
ちなみに1000にも「ローRPMアシスト」や「スズキイージースタートシステム」が採用されます。

そして「GSX-R1000」が、とんでもないハイパフォーマンスの世界へ

スズキ最速のGSX-R1000は最高出力202馬力(欧州仕様)、車両重量は200kg(ABS搭載モデル202kg)に進化しました。さらに軽量&ハイパワーです。そのモンスター系な動力性能を電子制御で調教していますね。新型ではフルブレーキ時に後輪が浮くのを抑える「モーショントラック・ ブレーキシステム」を採用しています。上級モデルの「GSX-R1000R」には、コーナリング時のブレーキングにおいても、傾斜角度を基準にフロントブレーキ圧を最適化することで、フロントタイヤの グリップ低下を抑止する、なんてハイテクも装備されています。しかもこの「R」には最速スタートダッシュをサポートするローンチコントロールのほか、クイックシフターが装備される様子です。スズキ初搭載の新技術が満載ですね! そのうえでショーワ製の前後のサスペンション「バランスフリーフロント フォーク」と「バランスフリーリヤクッションライト」が超豪華!?
こりゃ本命は「R」かな……でも、お値段も気になるところですネ。

コレ楽しそう! 125ccのミニマムGSX-Rが登場

画像: GSX-R125

GSX-R125

コレ、何かカッコよくないですか? フェイスマスクのデザインがちょっと新しいカンジです。うーん、実車が見たい! ライトあたりのデザインがかなり気になります。ちなみにエンジンは125ccの4サイクルDOHC単気筒。ABSも標準装備されるらしく、なかなか侮れないパフォーマンスになりそうな予感です。いまのところ海外モデルの位置づけですけど、キーレスイグニッションシステムや「スズキイージースタートシステム」も搭載されるとのこと。
小排気量なれど「GSX-R」の名を冠するだけに、かなり本格的になるかも? これも期待MAXです!

GSX-S750 ナナハンのマッチョ系ネイキッドもお披露目 
でも、コレで終わりじゃない……1ヶ月後にはさらに……

画像: GSX-S750 ナナハンのマッチョ系ネイキッドもお披露目 でも、コレで終わりじゃない……1ヶ月後にはさらに……

スーパースポーツGSX-Rのパフォーマンスをアップライトなライディングポジションで楽しめるGSX-Sシリーズに750が追加されます。「GSX-S1000/F」は「GSX-R1000」のエンジンやパフォーマンスをアップライトなライディングポジションで楽しめるオートバイだから、この「GSX-S750」は「GSX-R750」のDNAを引き継ぐことになります。1000よりも非力でしょ?なんて思っちゃいけませんよ。最新GSX-R750って時速300キロに届くパワーユニットなんですから。しかも当然1000よりは軽くなるハズ。これもエキサイティングなバイクになりそうですね!
ここまで紹介したスズキのニューモデルたちは、今のところヨーロッパやアメリカ向けの海外市場向けのオートバイばかりです。紹介した新型たちは基本的に2017年の春ごろに発売予定。現時点では日本導入は未定&不明ですけど、スズキさんならきっとやってくれるはずです(希望的観測)。
しかも、さらにトドメの情報! 11月のミラノショーで、さらに4車種を発表するらしいんです。
2017年のスズキはガンガン攻めてきそうですね。こりゃ 面白くなってきました!

This article is a sponsored article by
''.