フェラーリ・エンツォやマセラティ・クワトロポルテなどをデザインした、世界に誇る日本人デザイナー、KEN OKUYAMA こと奥山清行氏。
その奥山氏が代表を務める、日本唯一のカロッツェリアである KEN OKUYAMA CARS が、8月19日にカリフォルニアで次世代のハイパフォーマンスカー、「kode 57」を世界初公開した。

画像: ボンネットからエンジンのヘッドカバーが見える! クラシカルな低いウインドスクリーンもイイ!

ボンネットからエンジンのヘッドカバーが見える! クラシカルな低いウインドスクリーンもイイ!

その車名は、世界的にレース活動が大きな盛り上がりを見せ、歴史的な名車たちが誕生したアイコニック・イヤーである「1957年」に対するオマージュとして名付けられたという。
アルミニウム製スペースフレームにカーボンファイバーのアウターパネルをまとったボディは、ロングノーズ・ショートデッキのオーセンティックでクラシカルなスポーツカーらしいプロポーション。
フロント左右のエアインテーク、前後タイヤ後ろのフィン、リアの大型ディフューザーなどで空気抵抗を減少している。

インテリアはドライバーとパッセンジャーサイドを独立したイメージで仕上げられ、ドアは後ろヒンジでポップアップするシザースタイプを採用している。
フロントミッドシップ搭載されるV12エンジン(ボンネットからヘッドカバーが見える!)のスペックは未公表だが、顧客の好みに応じた味付けが可能だという。足まわりも同様にチューニングが可能だ。
外寸などのスペックも未公表だが、タイヤは前295/25ZR21、後335/25ZR22のピレリPゼロ。

画像: 空力を重視しながらも美しさを忘れない、いかにも KEN OKUYAMA らしいデザインだ。

空力を重視しながらも美しさを忘れない、いかにも KEN OKUYAMA らしいデザインだ。

開発は東京の KEN OKUYAMA 青山スタジオで行われ、製造は KEN OKUYAMA 山形ファクトリーで行われる。
「スポーツカーのヒストリーと世界観を理解するトップ of ザ・トップの方に乗っていただきたい」という、kode 57。
気になる価格は今のところ未定だが、気になる人は kode 57 のティーザー動画をご覧あれ!

画像: KEN OKUYAMA CARS unveiled "kode57" at the Quail www.youtube.com

KEN OKUYAMA CARS unveiled "kode57" at the Quail

www.youtube.com

This article is a sponsored article by
''.