そのアベレージスピードの速さから、「世界最速のロードレース」と称される公道レースのアルスターGPが、去る8月8〜13日の期間に北アイルランドにて開催されました。今年のマン島TTに登場して、大いに話題となったブルース・アンスティとホンダRC213V-Sのコンビは、このアルスターGPにも参戦。果たしてその結果は・・・!?

初のスーパーポールは、RC213V-Sが制しました

今年のアルスターGPでは、1発のタイムアタックで予選順位を決めるスーパーポール方式を初採用。アンスティとRC213V-Sはダンドロッドのコースにて、133.551mph(約214.9kn/h)を記録。見事2つのスーパーバイクレースのポールポジションを獲得しました。

画像: アルスターGPのプラクティスを走るB.アンスティとホンダRC213V-S。平均速度133mph越えをスーパーポールで果たしたのは、このコンビネーションのみでした。 www.bikesportnews.com

アルスターGPのプラクティスを走るB.アンスティとホンダRC213V-S。平均速度133mph越えをスーパーポールで果たしたのは、このコンビネーションのみでした。

www.bikesportnews.com

現在公道最強のBMWが、RC213V-Sの前に立ちはだかる!

アンスティとRCVのライバルとなるのは、今年のマン島TTのスーパーバイク/スーパーストッククラスで大活躍したBMW S1000RRに乗るマイケル・ダンロップとイアン・ハッチンソンの両雄です。マシンの熟成度と、ふたりのリアル・ロードレーシング・ライダーとしての能力の高さは他を圧倒するもの・・・と言えるでしょう。

B.アンスティ+RC213V-Sの前を走る、I.ハッチンソンのTyco BMW S1000RR。今年のアルスターGPは、ハッチンソンの強さが光りました。

c.files.bbci.co.uk

アルスターGPの期間中は、様々な冠スポンサーのついたスーパーバイククラスが複数回行われるのですが、ダンドロッド150ではM.ダンロップが駆るホーク・レーシングのBMW S1000RRがアンスティの0.677秒前でゴール。アンスティは2位に甘んじることになりました。

続くアルスターGP・スーパーバイク1では、ハッチンソンがアンスティとRC213V-Sの前に立ち塞がり、アンスティは0.274秒差でまたまた2位。なお3位はM.ダンロップでした。

アルスターGP・スーパーバイク2でも、ハッチンソンの勢いは止まりません。0.8秒差をアンスティにつけて優勝。そして3位はM.ダンロップと、レース1と同じ並びでした(しかし、レース1よりは接戦でした)。

画像: アルスターGP・スーパーバイクの1、2レースを制してゴキゲンのI.ハッチンソン。土曜日のメインレース5つの内、4つで優勝をもぎ取る圧倒的な強さを発揮しました。 a.fssta.com

アルスターGP・スーパーバイクの1、2レースを制してゴキゲンのI.ハッチンソン。土曜日のメインレース5つの内、4つで優勝をもぎ取る圧倒的な強さを発揮しました。

a.fssta.com

電子制御を"オフ"にして、最強のライバルたちに挑んだアンスティ

アンスティは最強のふたりが駆るBMWに対抗するため、RC213V-Sのトラクションコントロールなどの電子制御式ライダー・エイド機能をすべてオフにしましたが、それでも一歩及ばず、スーパーバイクカテゴリーではすべてのレースで2位という結果になってしまいました。しかし、先月アルスターGP参戦を公表したときのアンスティの予想・・・RC213V-Sは現状の熟成度ではマン島TTよりも、アルスターGPの方に向いている・・・が正しかったことは証明されたと思います。

画像: 今回はハッチンソンとBMWに肉薄しつつも敗れてしまいましたが、次のアンスティとRC213V-Sの戦いが楽しみです。 i0.wp.com

今回はハッチンソンとBMWに肉薄しつつも敗れてしまいましたが、次のアンスティとRC213V-Sの戦いが楽しみです。

i0.wp.com

赤旗で終了した最初のスーパースポーツクラスで、ホンダCBR600RRで勝利したのが、今年のアルスターGPでのアンスティの唯一の勝利になりましたが、次の公道レースのチャレンジではぜひともRC213V-Sとともに、I.ハッチンソンとM.ダンロップが駆るBMWにリベンジしてほしいですね! 期待しましょう!

画像: Ulster Grand Prix 2016 Deers Leap youtu.be

Ulster Grand Prix 2016 Deers Leap

youtu.be

This article is a sponsored article by
''.