1978年に国産の量産市販車で初めて並列6気筒をひっさげてデビューしたHONDA CBX。 その大きさ、重さ、力強さは当時の国内最強バイク達(つまり750cc、ナナハン)を圧倒したことでしょう。

ただ、あまりにでかくて強力なエンジンに対して車体の剛性が今ひとつであったとか、6気筒が災いして整備性が非常に悪い(つまりバラすにしても組むにしても時間がかかる・・)とか、いろいろデメリットはあったそうですが、それでもやっぱりスゲえの一言です。でっかいやつに乗りたい!と思う漢気ある男からしたら、このバイク、垂涎の的だったでしょうなっ。

画像: さぞかし豪快な走りだろうなあ!(©東本昌平先生・モーターマガジン社)

さぞかし豪快な走りだろうなあ!(©東本昌平先生・モーターマガジン社)

画像: 写真:松川 忍 協力:ウエマツ。 この車両(上の写真)は、1978年式の初期型でフルノーマル状態だそうです。絶版車整備・販売で超有名なウエマツでは、453万6000円(税込)で売っていたそうですが、いまでもあるのかなーないかなーないだろうなー

写真:松川 忍 協力:ウエマツ。
この車両(上の写真)は、1978年式の初期型でフルノーマル状態だそうです。絶版車整備・販売で超有名なウエマツでは、453万6000円(税込)で売っていたそうですが、いまでもあるのかなーないかなーないだろうなー

画像: でかい!重い!こいつがCBXだ。

でかい!重い!こいつがCBXだ。

誰か、持っている人、います???

This article is a sponsored article by
''.