エドワード・ノートン演じる”僕”の視点で物語が進む、一人称ムービー。
高級家具に囲まれた都心のコンドミニアムで暮らす”僕”は、昼間は生きている実感を得られず、夜は夜で不眠症で寝られない。末期癌や結核患者などのカウンセリング集会に病人のフリをして潜り込み、彼らの告白を聞くことで不眠症を解消したものの、自分と同じように健康でありながら集会に加わる不思議な女の出現で、再び不眠症に陥る。
苛立つ”僕”だったが、謎の爆発事故で住む場所を失い、出張中に知り合った石鹸のセールスマン タイラー・ダーデン(ブラッド・ピット)に救いを求める。
タイラーと僕は、自分たちと同じように、生きがいを得られずに夜を彷徨う男たちを集めて、夜な夜な1対1の格闘を行う秘密クラブ「ファイト・クラブ」を設立し、密かに地下室でひたすら殴り合いを楽しむようになるのだが・・・・。
画像: 【1/100の映画評】この映画を観て燃えたことは、絶対に口外するな。『ファイト・クラブ』

デヴィッド・フィンチャー監督による1999年の米国映画。
ブラッド・ピット演ずるタイラー・ダーデンのクールマッチョぶりが話題になった。

フィンチャー監督といえば、『セブン』『ソーシャル・ネットワーク』『ドラゴン・タトゥーの女』などでも知られるヒットメーカーだが、彼の最高傑作はどれか、と問われば、この『ファイト・クラブ』をあげる人も多いのではないか。

画像: あまりにカッコいいブラッド・ピット

あまりにカッコいいブラッド・ピット

すでにご存知の方も多いだろうし、方々でネタバレしている有名な作品であるので、敢えて書いてしまうが、エドワード・ノートン演じる ”僕” とタイラーは同一人物である。”僕”の別人格であると言ったほうが早いだろう。

日々の生活に現実感を持てない男が、弱くて脆い自分とは正反対のマッチョでワイルドで女にも持てるもう一つの人格(タイラー)を作り出すが、徐々にその人格に支配されていくさまを描いている。

物語は、”僕”と、タイラーと、重病人のカウンセリング集会で出会った女マーラーの3人の関係性を通して進むが、タイラーの影響力が高まるにつれ、”僕”も自分の日々の記憶と、現実に進行する事象との矛盾に気がつくようになる。最後に”僕”は自分を取り戻すのか、それとも理想の男 タイラーに全てを委ねてしまうのか・・。

本作は非常に暴力的な映画、というレッテルを貼られているが、実のところ映画全編を通して(1名を除き)死人は出ないし、残虐なシーンもない。男たちの激しい格闘によって、腫れまくった顔や血反吐はふんだんにでてくるが、それも不快というよりは、男性フェロモンとアドレナリンの香り高いという印象だ。

ストーリーや設定の複雑さはおいて、筋骨と拳がぶつかり合う音を聞きながら、アルコール度数のとびきり高い酒を煽りながら観るのが相応しい。男なら誰でも前のめりになる。そんな映画だ。

タイラーは男臭いが、同時に実に多弁でよくしゃべる。彼の言葉の多くには深い含蓄があり、男なら必ず虜になるはずだ。だからこそ、ほどほどに酔いながら観ることをお勧めする。

This article is a sponsored article by
''.