©東本昌平先生・モーターマガジン社
トランプ旋風に英国のEU離脱選択・・。なんだろう、世の中がざわついている。
だけども問題は今日の電話。親友が結婚するからバイクを降りると言いやがる。
『RIDE 02』より

こっちは5年もつきあっている彼女と遠距離になって、近頃心の距離も離れがちだってのに、さらに憂鬱なことを・・・。

一生バイクに乗るとか、夢を追いかけ続けるとか、あなたのこと、一生愛するだとか、そんな言葉は大抵嘘っぱちさ。嘘ではないかもしれないが、その時その瞬間だけの盛り上がった感情が言わせる戯言だってことくらい、わかってはいるさ。

画像1: 親友がバイクを降りるとき。

そんなその場限りの言葉を信じるほど幼稚じゃないし、それを嘘じゃないかと本気で責めるのは野暮だってこともよくわかってる。

ただ腹立たしいだけなんだ。

画像2: 親友がバイクを降りるとき。

わかっているさ。俺だってさ。

画像3: 親友がバイクを降りるとき。

親友がバイクを降りるという。あなたならどうする?

  • 乗るも自由、降りるのも自由。それがバイクさ。
  • 今降りたらきっと後悔する。考え直せよと止める。
  • たとえ降りたとしても、リターンライダーになるという選択も将来はある。今は好きにすればいいさ。
  • 2度と乗るんじゃねえぞ、この野郎。
  • 乗るも自由、降りるのも自由。それがバイクさ。
    64
    2184
  • 今降りたらきっと後悔する。考え直せよと止める。
    6
    206
  • たとえ降りたとしても、リターンライダーになるという選択も将来はある。今は好きにすればいいさ。
    26
    884
  • 2度と乗るんじゃねえぞ、この野郎。
    4
    125

親友がバイクに乗らないことを条件に結婚してもらえる、という。
だけども問題は、俺の彼女が去っていきそうということなんだ・・。

画像4: 親友がバイクを降りるとき。
画像5: 親友がバイクを降りるとき。

バイクを手放してまで結婚を選んだ親友に苛立ちながらも、俺は決心した。

いますぐ彼女に会いに行く。

それはいいことだろう。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.