定年近くの男はとびきり速いプレスライダーだった。誰よりも速く街を駆け抜け、道を選ばなかった。そんな彼はいま早期退職を考えている。まるでオートバイで疾走したかのように、あっという間の人生だったが、残りの歳月を再び、あの頃の”あいつ”とともに生きていこうかと考えている・・。
『RIDE87』「The Phoenix Express」より ©東本昌平先生・モーターマガジン社

あなたも仕事をやめたり、リタイアしたときに、こいつと生きていこう、と思える存在、いますか、ありますか?

画像7: あの日の追憶とYAMAHA RD350。

人でもモノでも趣味でもなんでもいい。仕事以外に大切にしているもの。ありますね?

  • やっぱ、バイクや車かな。これからも愛し続けるよ。

    打ち込む趣味があることは、なによりですね。

  • 家族、かな。愛ある生活を送るさ。

    私には無縁。でもそういう生活を羨んだことはありますよ。

    満たされた日々になりますね。

  • 恋人と一緒に海外でも行ってのんびりしたいね。恋に生きるよ。

    この選択が私にとってはベストかな。

  • どうしよう、仕事一途なんだよな、俺・・・

    今からでも遅くありません、趣味を作ろう!

  • スポーツや音楽、いろいろ趣味はあるから充実するだろうな。

    素晴らしい。

  • やっぱ、バイクや車かな。これからも愛し続けるよ。
    61
    456
  • 家族、かな。愛ある生活を送るさ。
    17
    123
  • 恋人と一緒に海外でも行ってのんびりしたいね。恋に生きるよ。
    4
    32
  • どうしよう、仕事一途なんだよな、俺・・・
    5
    37
  • スポーツや音楽、いろいろ趣味はあるから充実するだろうな。
    13
    97
画像: YAMAHA RD350 写真:松川 忍  車両協力:細谷 崇

YAMAHA RD350 写真:松川 忍 車両協力:細谷 崇

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.