日本の古典文学、恋愛小説の原点と言える「源氏物語」の完全劇画化。歴史に残る名作をご紹介します!

実は連休中に、少しでも勉強をする意欲を湧かせようと思いまして、『ドラゴン桜』(©三田紀房先生・講談社)を読んだんですよ。そしたら、結構最初の方に古典の勉強するならまず「源氏物語」を理解せよ、「源氏物語」を理解するなら『あさきゆめみし』を読め!というセリフが出てまいりまして。
影響されやすいトーマス、早速『あさきゆめみし』を先に読み始めたわけです。

ざっくり言うと・・・

天皇の皇子として生まれたものの、母親の身分があまり高くないことから、皇族ではなく、源氏という姓を受けて臣下として育てられることになった少年。彼は輝くばかりの美貌と煌めく才能を持つことで、元服後は光る君、光源氏、と呼ばれるようになります。
母である桐壺更衣は早逝し、新たに帝の寵愛を受けるのが藤壺ですが、光源氏はこの義理の母に強い思慕を持つようになります。

画像: ©大和和紀先生

©大和和紀先生

その後光源氏は藤壺と道ならぬ関係になりますが、それも束の間。光源氏はどうしても手に入れることができない最愛の人を忘れようと、プレイボーイ化し、多くの姫君達と浮名を流すようになるのです。

『あさきゆめみし』は、光源氏の誕生から その死までをまとめているのですが、基本的には、決して結ばれない人への強い愛情と、手に入れられない心の隙間を埋めようとして 多くの女性を渡り歩く彼の心の矛盾を軸とした話で、同時に 浮気が絶えない光源氏のためにつらい思いをする女性達の愛憎を丹念に描いた作品です。(憎の部分でいうと、有名な六条御息所(ろくじょうのみやすどころ)は、光源氏を想うばかりに彼の生涯にわたって、彼の恋人達に祟る怨霊になってしまいます)

画像: こ、こわいよぉ。光源氏の生涯にわたって、二人の女性を呪い殺し、一人を出家に追い込む、恐ろしい怨霊。 恨みを買わないようにしましょう、みなさま。©大和和紀先生

こ、こわいよぉ。光源氏の生涯にわたって、二人の女性を呪い殺し、一人を出家に追い込む、恐ろしい怨霊。
恨みを買わないようにしましょう、みなさま。©大和和紀先生

光源氏はやがて、藤壺と血縁関係にある少女(のちの葵の上)と出会い、彼女が成人したのちに妻とするのですが、それでもやっぱり 藤壺への思慕を断ち切ることができない、まあちょっとどうしようもない(苦笑)人です。

美貌とありあまる才能を持ちながら、天皇の子なのに天子の座には絶対につけない・最愛の人と相思相愛になれたのに絶対に結ばれない、という二つのコンプレックスから、女性遍歴を止められなくなった男と、その男を愛しながらも 自分以外の女も愛してしまう(最後は愛した女性を全部一つの邸宅に住まわせちゃうほどの多情仏心の)男の勝手さに、密かに傷つく女達。

深い。深いです。

あなたはどうしても忘れられない思いびと、いますか??

画像: 【名作一気!】源氏物語を勉強するなら『あさきゆめみし』

恋人や人生のパートナーがいたとしても、それでもどうしても忘れられない、そんな恋をしたことがありますか??

  • ある。何年経とうが、あの人のことが忘れられない・・・
  • ない。別れたり、フラれたりしたなら、それで恋は終わり。
  • ない。だって、最愛の人と結ばれたもの。
  • ある。何年経とうが、あの人のことが忘れられない・・・
    47
    26
  • ない。別れたり、フラれたりしたなら、それで恋は終わり。
    31
    17
  • ない。だって、最愛の人と結ばれたもの。
    22
    12
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.