第93回は、第92回に引き続き 「マークⅡシリーズ」 2車種ご紹介します ❤︎ 夢の高級セダンとして名高いマークⅡは、上質感のあるスタイリング、豪華な室内、そしてパワフルなエンジンまさに1980年代のトヨタ自動車を象徴するクルマです。(あぁこ@ロレンス編集部)

もし、週末の楽しみとして80年代のマークⅡで出かけられるなら…あなたはどの子を選びますか?
( ^ω^ )

  • 画像1: 【日本の自動車年鑑】
第93回 「マークⅡシリーズ」(1980年)
    マークⅡHT2000グランデ
  • 画像2: 【日本の自動車年鑑】
第93回 「マークⅡシリーズ」(1980年)
    マークⅡHT2000LGツーリング
  • 画像3: 【日本の自動車年鑑】
第93回 「マークⅡシリーズ」(1980年)
    マークⅡディーゼル2200GL-EX
  • 画像4: 【日本の自動車年鑑】
第93回 「マークⅡシリーズ」(1980年)
    マークⅡ4ドア2600グランデ
  • 画像5: 【日本の自動車年鑑】
第93回 「マークⅡシリーズ」(1980年)
    マークⅡ4ドア2000GL
  • 画像6: 【日本の自動車年鑑】
第93回 「マークⅡシリーズ」(1980年)
    マークⅡHT2000グランデ
    20
    25
  • 画像7: 【日本の自動車年鑑】
第93回 「マークⅡシリーズ」(1980年)
    マークⅡHT2000LGツーリング
    36
    45
  • 画像8: 【日本の自動車年鑑】
第93回 「マークⅡシリーズ」(1980年)
    マークⅡディーゼル2200GL-EX
    11
    14
  • 画像9: 【日本の自動車年鑑】
第93回 「マークⅡシリーズ」(1980年)
    マークⅡ4ドア2600グランデ
    17
    21
  • 画像10: 【日本の自動車年鑑】
第93回 「マークⅡシリーズ」(1980年)
    マークⅡ4ドア2000GL
    17
    21

あなたが選んだそのクルマに乗ると、間違いなくリッチでオシャレな紳士気分を味わえますね〜❤︎

マークⅡHT2000グランデ(1980年)

画像: マークⅡHT2000グランデ(1980年)

シリーズのトップグレード・モデルとして設定されたグランデには2000と2600があるが、LGツーリングと同じ6気筒EFIで125PSのM-EU型を搭載したのが2000グランデ。各種装備は2600とほとんど変わらず、高級な材質を使ったインテリアのデラックスさも“高品質”をうたうマークⅡの代表的モデルにふさわしい。運転タイプはオーバードライブつき4速フロアATのみの2600に対して、4速コラムにATと5速マニュアルも選択できる。

マークⅡディーゼル2200GL-EX(1980年)

画像: マークⅡディーゼル2200GL-EX(1980年)

小型高速ディーゼルとしてクラウンでも実績のある4気筒、OHC、2188cc、ボッシュ分配型噴射ポンプを装着して72PSのL型ディーゼルを搭載、54年9月からハイオーナーカーのマークⅡに新設されたディーゼル・セダン、GL、DXもある。5速マニュアルとディーゼルとはマッチングの良い5速ATあり、60km/h定地走行で22km/ℓ(5速)の低燃費と静粛性に注目のパーソナル・ディーゼル。

This article is a sponsored article by
''.