第84回は、すべてにひとクラス上のクオリティを求めた高級車です ❤︎ 優雅に、豪華に、高級に。 全身は心地よい贅沢で満たされてしまう『スプリンター』をご紹介します!(あぁこ@ロレンス編集部)

もし、週末の楽しみとしてスプリンターで出かけられるなら…あなたはどの子を選びますか?(^-^)

  • 画像1: 【日本の自動車年鑑】
第84回 「スプリンターシリーズ」(1980年)
    スプリンター4ドア1500XL
  • 画像2: 【日本の自動車年鑑】
第84回 「スプリンターシリーズ」(1980年)
    スプリンター4ドア1500SE
  • 画像3: 【日本の自動車年鑑】
第84回 「スプリンターシリーズ」(1980年)
    スプリンターHT1600GT
  • 画像4: 【日本の自動車年鑑】
第84回 「スプリンターシリーズ」(1980年)
    スプリンタークーペ1600トレノ
  • 画像5: 【日本の自動車年鑑】
第84回 「スプリンターシリーズ」(1980年)
    スプリンターLB1500SE
  • 画像6: 【日本の自動車年鑑】
第84回 「スプリンターシリーズ」(1980年)
    スプリンターLB1600GT
  • 画像7: 【日本の自動車年鑑】
第84回 「スプリンターシリーズ」(1980年)
    スプリンター4ドア1500XL
    16
    10
  • 画像8: 【日本の自動車年鑑】
第84回 「スプリンターシリーズ」(1980年)
    スプリンター4ドア1500SE
    3
    2
  • 画像9: 【日本の自動車年鑑】
第84回 「スプリンターシリーズ」(1980年)
    スプリンターHT1600GT
    20
    13
  • 画像10: 【日本の自動車年鑑】
第84回 「スプリンターシリーズ」(1980年)
    スプリンタークーペ1600トレノ
    45
    29
  • 画像11: 【日本の自動車年鑑】
第84回 「スプリンターシリーズ」(1980年)
    スプリンターLB1500SE
    2
    1
  • 画像12: 【日本の自動車年鑑】
第84回 「スプリンターシリーズ」(1980年)
    スプリンターLB1600GT
    14
    9

フフフ… お目が高いですね❤︎

では、こちらから3車種ご紹介します!

スプリンター4ドア1500XL(1980年)

画像: スプリンター4ドア1500XL(1980年)

内容的にはほとんどカローラと変わらない兄弟車種のスプリンターだが、一部のデザイン変更でまったく違ったイメージのスタイリングに仕立てあげている手際はあざやか。セダン系は丸型4灯ヘッドライトを採用のカローラに対して、スプリンターはセダンもふくめ全車が角型2灯で「カローラよりもやや高級感のある」シリーズの性格を打ち出しているのもそのひとつ。XLは1500の中間車種で、カローラではGLにあたる。

スプリンター4ドア1500SE(1980年)

画像: スプリンター4ドア1500SE(1980年)

ノッチバックの4ドアに3A-U型の1500エンジンをのせ、スポーティ性とラグジュアリーな装備をあわせ持ったモデルがSE。サスペンションはフロントがマクファーソン・ストラット、リアが4リンクコイル・ラテラルロッド、ブレーキはフロントがブースターつきディスク、リアはリーディングトレーリングのドラム、ステアリングは1300のラック&ピニオン式に対してボールナット式と、いずれもシリーズ全車に共通。

スプリンターHT1600GT(1980年)

画像: スプリンターHT1600GT(1980年)

セダン以外のスプリンターはスラントノーズを採用しているが、ノッチバックにスラントノーズを組み合わせたスプリンターHTの美しいスタイリングはとくに好評。ノッチバックの採用によってリアの居住性も向上した。GTはRTにも新設された2T-GEU型搭載のDOHCモデルで、クーペ・トレノやセダン/LBのGTシリーズと同じ4輪ディスクやハード・サスなどのGT装備も持つホットなHT。タイヤは185/70HR13ラジアル。

This article is a sponsored article by
''.