ファクトリーマシンを再現したCRF250RALLY

2015年のモーターサイクルショーに出展され、話題を呼んだCRF250RALLY。ダカールラリーを走るファクトリーマシン、ホンダCRF450RALLYのルックスを、トレールモデルのCRF250Lで再現したモデルです。

当初はあくまでコンセプトモデルであって市販化の予定はなかったモデルなんですが、東京モーターサイクルショーでの反響が大きかったため市販モデルとして検討されている様子です。写真のモデルはつい先日の東京モーターサイクルショーで展示されたモデルなので実際に見た人も多いと思いますが、昨年からあまり変わっていないように見えてじつはかなり変わってます。

昨年のモデルは走らない「模型」的なものだったのですが、今年のモデルはこの外装での走行テストを行い、そのうえでテストライダーから出た要望を受けて改善している点が多数。もっとも大きく異なるのはアンダーカウルで、昨年は物入れがあったのになくなっています。

250ccとは思えないボリューム感。発売に期待!

さて、実際に実車に近寄ってみるととても250㏄とは思えないボリューム感。おそらく知らない人なら最低でも450㏄以上のモデルだと思うってくらい。これはCRF250Lよりもサスストロークを伸ばしているから。そしてその理由は「そのほうが格好いいから」(!)という開発担当者のこだわり。足つきでバイクを選ぶ人にはおそらくガン無視されるリスクを承知のうえでこのデザインを選んだ担当者はじつに男前です。

しかし、実際に跨がってみると……れれれ、ノーマルとほぼ変わらない。そして跨がってみると250ならではのコンパクトなライト感はしっかりあるのです。
「ダカール気分でツーリングに使って欲しい」と言うこのモデル、写真はショーモデルのためハンドルやフロントサスなどに高価なパーツが使われていて、なおかつダカールラリーのスポンサーのデカールなども貼られているため、市販化されたモデルはやや印象が異なるものになりそう。でも、自分でカスタムすればここまで出来るってお手本がすでにあるって感じですね。

250ならではの手軽さとライト感に、重量級のリッパ感をもたせたCRF250RALLY。発売になったらきっと人気が出ると思います! きっと!

画像: サイドスタンド短すぎない? と聞いたら「いやそのほうが足長に見えてかっこいいので」とのこと。こだわりがいいっすね。

サイドスタンド短すぎない? と聞いたら「いやそのほうが足長に見えてかっこいいので」とのこと。こだわりがいいっすね。

画像: フロントサスはスペシャル。

フロントサスはスペシャル。

画像: タンクはノーマルよりも4ℓ程度大きくなっています。キャップもエアロプレーンタイプで感じよし

タンクはノーマルよりも4ℓ程度大きくなっています。キャップもエアロプレーンタイプで感じよし

画像: ヘッドライトはLEDの2連

ヘッドライトはLEDの2連

画像: すでに量産っぽい仕上がりのヘッドタワー部分

すでに量産っぽい仕上がりのヘッドタワー部分

画像: このキャップは格好いいです。

このキャップは格好いいです。

画像: CRF250Lと同じ場所に小物入れがあるけど、こちらはかなり大型化されています

CRF250Lと同じ場所に小物入れがあるけど、こちらはかなり大型化されています

画像: 各部にこだわりのスポンサーロゴが

各部にこだわりのスポンサーロゴが

画像: コンパクト化されたアンダーカウル。

コンパクト化されたアンダーカウル。

画像: でかくみえても身長186cmのモデル(でかすぎ)が乗ると両足べったり。でも迫力あっていいですね。モデル:Keju Sakurai

でかくみえても身長186cmのモデル(でかすぎ)が乗ると両足べったり。でも迫力あっていいですね。モデル:Keju Sakurai

This article is a sponsored article by
''.