アクション映画の原点、物質社会の警鐘として、高いエンターテイメント性と力強いメッセージ性で語り継がれる名作「ターザン」。2016年、その「ターザン」が『ハリーポッターと死の秘宝』監督とスタッフによって生まれ変わる!

ターザンの新たな魅力、圧倒的スケールで描かれるジャングル、幻想的にしてリアルな世界観、最先端の技術による動物たちとのアクション。そして驚異の身体と、あのジャングルを縦横無尽に飛び回るターザン・アトラクション。2016年、新たなる“ターザン”の最新作のタイトルが『ターザン:REBORN』に決定。7月30日(土)、2D/3D全国公開されることになった。(全米公開:7月1日)

画像: アクション映画の原点『ターザン』が『ハリー・ポッター』監督、スタッフによって生まれ変わる!!

新しいターザンは英国貴族。全てを手に入れた男。

1912年からエドガー・ライス・バローズが小説「ターザン」シリーズを執筆。1918年には初の映画化。その後何度となく映画化、TVシリーズ化した「ターザン」。1999年にはウォルト・ディズニー・ジャパンでアニメ映画『ターザン』を公開し、幅広い世代に愛されるキャラクターとなった。

アニメ映画『ターザン』のその後を描いたかのような、映画『ターザン:REBORN』の舞台はロンドンから始まる。英国貴族の出生だったターザンはジェーンと結ばれ、国務に携わりながら裕福な暮らしを送っていた。ある日、政府の命によって、貿易使役として、故郷ジャングルに戻ることに。しかし、それはターザンに仕向けられた罠であった。

『ハリー・ポッター』シリーズの監督&スタッフと実力、美貌を兼ね備えたキャストが集結

監督は『ハリー・ポッター』シリーズを手掛け、そして、2016年冬、新たな魔法の世界を描く新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のデイヴィッド・イエーツ。また、美術監督スチュアート・クレイグ、編集マーク・デイとスタッフ陣も『ハリー・ポッター』シリーズの才能が集まった。製作はジェリー・ワインキャラクターはエドガー・ライス・バローズの「ターザン」シリーズに基づき、アダム・コーザッド、クレイグ・ブリュワーがオリジナルストーリで新たな「ターザン」を書く。

ターザンを演じるのは北欧美男にして、194cmの恵まれた肢体を持つアレクサンダー・スカルスガルド(『バトルシップ』)。ターザンの妻ジェーンは完璧な美貌とキップの良い演技で魅了するマーゴット・ロビー。悪人を演じると右に出る者はいなオスカー俳優クリストフ・ヴァルツ、狂気と愛嬌の振り幅で惹きつけるサミュエル・L・ジャクソンが脇を固める。

ターザンの信念、映画館でしか味わえない、アトラクション型ジャングル・アクションが2016年1番の解放感を観客へ誘う!! 「ターザン:REBORN」を観てる時間だけ、全ての事を忘れてしまおう!

2016年夏、一番の解放感はこのアクション大作「ターザン:REBORN」!

【STORY】
英国貴族にして、実業家。美しき妻と裕福な暮らし送る男ジョン。彼の別の名は“ターザン”。産まれて間もなく、国の反乱に巻き込まれ、コンゴのジャングルで動物たちに育てられたのだった。スマートにしてワイルド、そのアンバランスな魅力を備え持つターザンは英国政府でも一目置かれる存在だった。 ある日、政府の命により、外交の為、妻ジェーンとともに故郷へ戻る。しかしそれはターザンに仕向けられた罠だった。故郷は侵略され、ジェーンはさらわれてしまった。 愛する妻と故郷を救うため、持てるすべてを投げうちジャングルに戻ること決意するターザン。果たしてターザンは、己の野生を呼び覚まし、すべてを取り戻すことが出来るのか?

This article is a sponsored article by
''.