大阪の千里中央駅からすぐのところに、マンクス・カフェ・ポートダグラスがあります。今回はこのお店の誕生の裏側に触れつつ、ご紹介を。ちなみにマンクスとは"マン島の"という意味。ポートダグラスはマン島の首都、ダグラスにある港のこと。イギリス本土からフェリーが着く港のことです。

マン島が大好き

画像: マン島TTのオフィシャルアパレルを試着、購入することもできます。どれもナイスですよ。 portdouglasiom.com

マン島TTのオフィシャルアパレルを試着、購入することもできます。どれもナイスですよ。

portdouglasiom.com
画像: 落ち着いた雰囲気でリラックスできますよ。

落ち着いた雰囲気でリラックスできますよ。


 この店を開いた谷川さんは、もともとマン島TTが大好きなドゥカティ・ポールスマート乗り。マン島TTが好きっていうか、マニアって言えるほどのファンだったんですね。で、その彼が出会った日本人ライダーが松下ヨシナリ。松下は2009年にマン島TTに初参戦、大きなケガを負って帰国しましたが、その彼がまたマン島TTに出たい……という話を聞いて仲良くなり、谷川さんは彼をスポンサードすることにしました。
 そして、2011年、12年、13年、松下とともにマン島へ。谷川さんにとって、2011年が初めてのマン島訪問でした。この3年間は、毎年3週間近くにわたりマン島とTTのカルチャーにどっぷり浸る素晴らしい日々となりました。残念ながら松下は2013年、マン島TTのプラクティス中の事故で亡くなりましたが、松下とマン島で過ごした日々はとても素晴らしく貴重なものでした。
 松下を失った悲しさは耐えきれないほどのものでしたが、しかしそれでマン島TTを嫌いにはなりませんでした。なにより松下が愛していたマン島とマン島TTであり、その素晴らしさを肌で感じていただけに、やはりこの世界の素晴らしさを伝えていきたいと思うようになりました。
 そこで彼が始めたのが、ポートダグラスというTTアパレルを輸入販売するオンラインショップです。マン島TTの会場ではじつに多くのTTアパレルが販売されているのですが、これがどれもデザインもいいし、価格も比較的手頃。そこでオフィシャルディーラーとしてマン島からダイレクトに輸入することにしたのです。僕自身も数枚のTシャツ、パーカー、ジャンパーなどを持っていますが、どれも気に入ってます。
 そして、2015年にはマン島TTに関わるもう1つの事業を始めました。それがこのマンクスカフェ、ポートダグラスです。

画像: フィッシュアンドチップス。マン島同様にビネガーがついてきます。オリジナルのディップ、タルタルもあり。

フィッシュアンドチップス。マン島同様にビネガーがついてきます。オリジナルのディップ、タルタルもあり。


 
 マン島でよく食べるフィッシュ&チップスを出す店をやりたい。
 日本では「イギリス料理はマズい」という人が多いですが、マン島のフィッシュ&チップスはとても美味しいものなので、それを日本に紹介したいと思ったのです。そしてその店の雰囲気を、まるでマン島にあるカフェのようなものとすることで、マン島の素晴らしさを少しでも感じられたらいいなあ、と。そうして生まれたのがこのカフェなのです。
 店内は狙いどおり、マン島の首都ダグラスにあるカフェを思わせる落ち着いた雰囲気。店の前には結構広いスペースがあるのでバイクもとめられます。店内にはマン島TTオフィシャルアパレルを見て、試着して買える販売ブース、松下ヨシナリの遺品を展示しているコーナーも。壁に取り付けられたモニターではマン島TTの映像を見ることもできます。

画像: 松下ヨシナリの遺品コーナー。

松下ヨシナリの遺品コーナー。

画像: アパレルだけでなくTTグッズもたくさん! オンラインでも購入可能。 http://portdouglasiom.com

アパレルだけでなくTTグッズもたくさん! オンラインでも購入可能。http://portdouglasiom.com


 そして、イギリス、マン島、日本と多くの店を食べ歩いて作り上げたオリジナルのフィッシュ&チップス。厳選したビネガーをかけて食べればそこはもはやマン島そのもの! 
 マン島に興味がある人も、ない人も、ぜひ大阪に行ったら足を運んでみてください。あ、谷川さんは基本的に店にはいないので会えないですけどね。

画像: マン島が大好き

マンクスカフェ・ポートダグラス
大阪府吹田市千里山東2-24-13
06-4860-6988

【月火木日】
11:30~19:30(L.O19:00)
【金土】
11:30~22:00(L.O21:30)
ランチ営業、日曜営業

オンラインショップは http://portdouglasiom.com です。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.