以前、RZ250ならカネがあったら買っちゃうぞ宣言をしたトーマスなんですが、真にナナハンキラーと言えるのは、350cc。つまり、RZ350なのだ!という某オーナー様から厳しい叱責をいただきまして、改めてRZ350についても欲しい宣言をしたいと思った次第であります!

この鋭い加速感を知ると
バイク乗りは虜となる---

RZといえば普通は250を指す。当時、2スト逆境の中ヤマハが出した本気のスポーツバイク・・・・。2ストらしいパワー特性とロードモデル初のモノクロスサス・・・。HY戦争への序章・・・。そんな歴史的車両が「RZ」だ。
しかし本来のRZの形は350の方だろう。250よりも10馬力も上回るパワーを持っていながら、スタイリングもフレームの基本も共通。違いといえばダブルとなったフロントのディスクブレーキぐらいのものであり、なりは小さいがハイパワーという2ストローク車のアイデンティティを語る上では、むしろ350の方にロマンがあるといえる。

なるほどねえ。
250ccと同じ車格でパワーは10馬力も上。
となると、確かに実際上も体感的にもその速さの違いはあきらかでしょうね。

柔よく剛を制すというか、小型・軽量・ハイパワーなバイクで、大排気量車を追い回すことに熱中したバイク乗りは多かったでしょうね。

画像: 水冷2ストローク 2気筒・347cc・45PS/8500rpm・3.8Kg-m/8000rpm・乾燥重量143kg ©モーターマガジン社

水冷2ストローク 2気筒・347cc・45PS/8500rpm・3.8Kg-m/8000rpm・乾燥重量143kg
©モーターマガジン社

実際に買うとなると??

いまの(2016年1月現在)相場だと、だいたい70 - 120万円くらいのレンジでしょうか。
相当に飛ばすバイクだけに、程度がいい車両を探すのは、結構大変かも。やはり信頼できるショップできちっと整備してもらった上で買うべきでしょうねえ。

逆に今でも所有して乗ってらっしゃるオーナーは、ものすごく大事に綺麗に乗ってらっしゃるんでしょうね。一度乗ってみたいなあ。

RZ350オーナーのみなさまのレビューコメント、お待ちしております!

This article is a sponsored article by
''.